ホーム  >  注目情報  >  2011年度  >  本学濤崎准教授らが「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功しました。

注目情報

本学濤崎准教授らが「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功しました。

2011年12月22日
本学と国立天文台は,平成23年12月22日(木)に“「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功”の共同記者会見を行い研究成果を発表しました。
「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功写真

本学と国立天文台は,国立天文台野辺山宇宙電波観測所45m電波望遠鏡および南米チリのアステ望遠鏡を用いた観測成果について,2011年12月22日(木)にキャンパス・イノベーションセンター東京において共同記者会見を行い発表しました。発表した概要は次のとおりです。

「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功

本学自然・生活教育学系の濤崎智佳准教授と国立天文台の小麥真也氏を中心とする研究グループは,我々の住む天の川銀河に最も近い銀河の一つであるさんかく座銀河(M33,距離270万光年)において,星の“ゆりかご”となる物質の広域かつ精密な地図を世界で初めて完成させました。

さんかく座銀河「M33」の画像

研究グループは,長野県にある「野辺山45m電波望遠鏡」と南米チリの標高4800mのアタカマ砂漠に設置された直径10mの「アステ望遠鏡」で合計1000時間以上を費やし,M33に分布する星の材料になる「分子ガス」と,分子ガスを作り出す工場の役目を果たす「低温の塵(ちり)」の観測を行いました。分子ガスの観測については,これまでのM33銀河のデータと比べると約3倍の解像度を達成し,塵については初めての観測となりました。
銀河の中には,太陽の10万倍もの質量と100光年にも及ぶサイズを持つ「巨大分子雲」と呼ばれる分子ガスと塵の塊があり,星の作られるメカニズムを知る上で重要な構造です。今回の観測によって,巨大分子雲を一つ一つ見分けることができる精密さで,満月の2倍以上という広さに及ぶM33銀河での分子ガスと塵の全貌を明らかにすることができました。私たちの住む天の川銀河系以外の銀河に対して,巨大分子雲を一つ一つ識別できる精密さで,銀河全域にわたる分子ガスと低温の塵の広範な地図を作ることができたのは本研究が初めてです。
このようにして得られた分子ガスと塵の高精度な地図は,銀河の中で,どのように分子ガスが生産され,星に生まれ変わっていくか,という現代天文学の大問題を解明する重要な手掛かりになると考えられます。
画像は,研究で得られたさんかく座銀河「M33」。
赤が銀河に分布する若い星,青が星の材料となるガス,緑がガスの生産工場のちりを表しています。


発表内容の詳細は,次のウェブサイトをご覧ください。
"「隣」の銀河の星の材料,全貌の把握に成功"ウェブサイト


このページは上越教育大学/広報室が管理しています。(最終更新:2011年12月22日)

このページの先頭へ戻る