ホーム  >  注目情報  >  2011年度  >  平成23年6月11日(土)文部科学省委託事業シンポジウム「教員養成ための教科内容学の構築に向けて」を開催しました。

注目情報

平成23年6月11日(土)文部科学省委託事業シンポジウム「教員養成ための教科内容学の構築に向けて」を開催しました。

2011年06月11日
会場は,東京JR秋葉原駅前の富士ソフトアキバプラザでした。
皆様からご参加いただき誠にありがとうございました。
注目情報写真
画像

挨拶する若井学長


画像

講演する徳永国立教育政策研究所長


画像

今井教員養成企画室長の事業総括


画像

上越教育大学は去る6月11日、文部科学省先導的大学改革推進委託事業「教科専門と教科教育を架橋する教育研究領域に関する調査研究」のシンポジウムを秋葉原駅前の富士ソフトアキバプラザで開催しました。
 この事業は、上越教育大学が中心となり、鳴門教育大学、兵庫教育大学と三大学研究協議会を組織して進めています。
 午前は、若井彌一学長の挨拶後、国立教育政策研究所長の徳永保氏が「実践的指導力を育成する教育研究の確立を目指して」というテーマで基調講演。そして増井三夫特別客員教授がこれまでの成果を報告しました。
 午後は、分科会で各教科内容学構成案を発表後、鳴門教育大学西園芳信理事・副学長と増井三夫特別客員教授をコーディネーターに、今岡光範広島大教授、竹村信治広島大教授、加賀勝岡山大教育学研究科長、淵上孝国立教育政策研究所総括研究官の外部評価と参加者との活発な意見交換を実施。最後に今井裕一文科省高等教育局大学振興課教員養成企画室長が本事業の総括を行い、シンポジウムは閉会しました。



このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2011年06月22日)

このページの先頭へ戻る