ホーム  >  注目情報  >  2013年度  >  天野和孝副学長が“日本初”となる珍しい巻貝化石を発見し記者発表を行いました。

注目情報

天野和孝副学長が“日本初”となる珍しい巻貝化石を発見し記者発表を行いました。

2013年8月5日
記者発表にて発表した内容を掲載します。ご覧ください。
注目情報写真

記者発表を実施

画像

上越教育大学の天野和孝副学長,金沢大学のロバート・ジェンキンズ助教が,非常に珍しい巻貝の化石2新種(ウラホロハイカブリニナとウラホロモミジソデボラ)を北海道の地層より発見しました。

8月5日(月),このことについて,本学を会場に記者発表が行われました。

地元のテレビ局や新聞社を中心とした,13社の報道関係者を前に,天野副学長らが今回の発見について説明しました。

(写真:写真を用いて説明する天野副学長)


画像

ウラホロハイカブリニナを含むハイカブリニナ類の発見は,新生代古第三紀(約6600万年前から約2300万年前)の化石としては日本で初めてで,古第三紀の地層からの発見は世界でも2例目です。

また,ウラホロモミジソデボラを含むモミジソデボラ類の化石が新生代(約6600万年前以降)の地層から発見されたのは,日本では今回が初めてで,この仲間が,日本付近でも白亜紀末の恐竜をはじめとする生物の大量絶滅を耐え抜いた証拠となります。

(写真:手前 金沢大学・ジェンキンズ助教,奥 本学・天野副学長)


以下,発表内容の詳細


【概要】北海道浦幌町から珍しい巻貝の化石2新種の発見

発表者
上越教育大学 副学長 天野和孝
金沢大学 助教 ロバート・ジェンキンズ

ウラホロハイカブリニナ
画像

約3000万年前の地層から発見されたウラホロハイカブリニナ(和名)(学名プロバンナ・ウラホロエンシス)は、ハイカブリニナ類に属する巻貝である。現在のハイカブリニナ類は、メタンハイドレートなどに伴うメタン湧水(メタンを含む水が海底から湧き出ているところ)周辺でバクテリアを食べていることが知られている。上越沖メタンハイドレート周辺にも知られているほか、上越市柿崎区黒岩でも約1160万年前の化石が発見されている。約3000万年前のウラホロハイカブリニナも現在と同様にメタン湧水周辺でバクテリアを食べていたと思われる。

(写真:ウラホロハイカブリニナの化石)

今回の発見は、新生代古第三紀(約6600万年前から約2300万年前)のハイカブリニナ類の化石としては日本で初めてである。古第三紀の地層からのハイカブリニナ類の化石発見は世界でも2例目である。これまでは後期白亜紀の約8300万年前以前か新生代新第三紀の約1600万年前以降からしか発見されておらず、両者の化石記録をつなぐ発見と言える。


ウラホロモミジソデボラ
画像

約6000万年前の地層から発見されたのは、ウラホロモミジソデボラ(和名)(学名カンギリオプテラ・イノウエイ)である。本種を含むモミジソデボラの仲間は、大西洋と地中海の浅海から深海に生息している生きた化石である。ジュラ紀(約2億100万年前から1億4500万年前)から白亜紀(約1億4500万年前から約6600万年前)に栄え、恐竜の絶滅した白亜紀末の大量絶滅により76%の属が絶滅したとされている。日本ではこれまで、白亜紀(約1億4500万年前から約6600万年前)から18種が報告されていたが、その後の新生代(約6600万年前以降)からの報告がなかった。

(写真:ウラホロモミジソデボラの化石)

今回の発見は、恐竜などが絶滅した後でも日本周辺でこの仲間が生き延びていた証拠となる。また、これまでは約6000万年前はグリーンランドと太平洋側とが海でつながっていなかったと考えられてきたが、今回の発見はむしろグリーンランドと太平洋を行き来できる海があった証拠となる可能性がある。


本研究成果は、2013年1月に横浜国立大学で、2013年6月に熊本大学で開催された日本古生物学会で発表した。加えて、論文として日本古生物学会英文誌PaleontologicalResearchに掲載予定である。

このページの先頭へ戻る

【詳細情報】北海道浦幌町から珍しい巻貝の化石2新種の発見

発見者

天野和孝(上越教育大学・副学長)
ロバート・ジェンキンズ(金沢大学理工研究域自然システム学系・助教)

発見した新種の巻貝と採集場所
ウラホロハイカブリニナ(学名 プロバンナ・ウラホロエンシス)

北海道浦幌町上厚内(かみあつない) 約3000万年前の縫別(ぬいべつ)層

ウラホロモミジソデボラ(学名 カンギリオプテラ・イノウエイ)

北海道浦幌町活平(かつひら) 約6000万年前の活平層上部

発見の経緯と発表
ウラホロハイカブリニナ

平成21年に報道されたウラホロシンカイヒバリガイを発見した直後の調査でジェンキンズが数個体を採集していた。平成24年度の本格調査で2産地より38個体を採集し、新種と確認した。平成25年1月26日に横浜国立大学で行われた日本古生物学会第162回例会で発表済み。また、Paleontological Researchに投稿し、受理済み。

ウラホロモミジソデボラ

帯広在住の井上清和氏が採集していた活平の標本に加え、平成24年度の調査で6産地より148個体を採集し、新種と確認した。平成25年6月29日に熊本大学で開催される日本古生物学会2013年年会で発表済み。また、日本古生物学会Paleontological Researchに投稿し、受理済み。

発見の意義
ウラホロハイカブリニナ
画像

ハイカブリニナの仲間は深海の化学合成群集(熱水噴出孔群集、メタン湧水群集、鯨骨群集、沈木群集)に特有なバクテリアを食べて生活している小型の巻貝である。メタン湧水が認められている上越沖のメタンハイドレートの発見地点付近にも生息していることが知られている。また、上越市柿崎区黒岩から約1160万年前の化石が知られている。
ウラホロハイカブリニナはこのうちメタン湧水に依存して生活していたメタン湧水群集(シンカイヒバリガイ等を含む)生息地付近のバクテリアを食べて生活していたと思われる。最大5.1mmと小型で、表面はほぼ平滑で、肩角部が角ばらない。化石としては世界で7種(5種は日本産:うち3種は天野発見)知られており、日本の白亜紀の地層(2種、ジェンキンズ発見)からも知られている。今回の発見は新生代古第三紀の化石としては日本で初めてであり、世界で2例目である.この発見により新生代ではシンカイヒバリガイ化石と一緒に産出することが多いことも明らかとなった。

(写真:実物のウラホロハイカブリニナ)


ウラホロモミジソデボラ
画像

モミジソデボラの仲間は、大西洋と地中海の浅海から深海に生息している生きた化石である。季節により海底面上の生活と海底面下の生活を繰り返し、捕食者から逃れて生活している。また、植物起源の有機物を餌としている。この仲間は恐竜の繁栄したジュラ紀から白亜紀に栄え、恐竜の絶滅した中生代末期の大量絶滅により76%の属が絶滅したとされている。
ウラホロモミジソデボラは26.1mmとこの仲間では中型であり、1本の翼状突起を持つ。また、グリーンランド西部の暁新世の地層から採集されているカンギリオプテラ・ラブンニに最も良く似ている。日本ではこれまで、白亜紀から18種が報告されており、新生代の地層からの報告はなかった。したがって、今回の発見は恐竜の絶滅した後の新生代暁新世にも日本周辺ではこの仲間が生き延びていたことになり、日本では新生代の地層からの初の発見となる。また、従来の地理的な考えでは当時のグリーンランドと太平洋側との連絡は考えづらかったが、今回の発見により、当時の北極付近の地理を見直す契機となった可能性がある。


このページの先頭へ戻る

このページは上越教育大学/企画・広報課が管理しています。(最終更新:2013年08月05日)

このページの先頭へ戻る