ホーム  >  インフォメーション  >  2018年度  >  長岡造形大学と連携・協力に関する協定を締結しました。

インフォメーション

長岡造形大学と連携・協力に関する協定を締結しました。

2018年12月10日

上越教育大学は、12月3日(月)、長岡造形大学と連携・協力に関する協定を締結しました。

この協定は、両大学が行う教員養成、教育、研究等における人的・物的資源の相互活用などの連携協力を推進するとともに、両大学の理念や特色を活かした活動を通して、我が国及び地域の発展に寄与することを目的とするものです。

このほど長岡造形大学で行われた締結式には、長岡造形大学から水流潤太郎理事長、和田裕副理事長・学長、馬場省吾理事・学部長、上越教育大学から川崎直哉学長、梅野正信理事兼副学長、大庭重治理事兼副学長が出席しました。

締結式で川崎学長は「新潟県内出身が多い長岡造形大学の卒業生から本学大学院で学んでもらい、県内の教員となっていただければありがたい」と今後に期待しました。また、和田学長は「教員免許状を取得できない学科の学生にも、教職を目指せる新たな道が開けた」と話しました。

教員養成系大学である上越教育大学と美術・工芸やデザインを専門とする長岡造形大学とが連携することにより、今後は双方における教員養成の高度化や、有為な人材の育成につながることが期待されます。

協定書を手にする両学長


このページは上越教育大学/企画広報室が管理しています。(最終更新:2018年12月10日)

このページの先頭へ戻る