ホーム  >  インフォメーション  >  2019年度  >  連携・協力協定締結校を対象とした大学院の説明・意見交換会を開催しました。

インフォメーション

連携・協力協定締結校を対象とした大学院の説明・意見交換会を開催しました。

2019年06月07日

上越教育大学では、6月4日(火)、連携・協力協定を締結している大学・高専(38校)を対象とした大学院の説明・意見交換会を開催し、17校から合計23名が参加しました。

はじめに本学の川崎直哉学長から挨拶があった後、大学院の各課程の特長、カリキュラム、学校実習及び入試等の説明があり、昼食を挟んで各コース等代表教員が各コース・領域・分野の概要説明及び意見交換が行われました。

質疑応答では、「修了生の就職状況」「教育職員免許取得プログラムの内容」、「『専門職学位課程』と『修士課程』それぞれの特長」、「大学院における学校実習」などの質問に対して同大学側から詳細な説明がありました。参加者からは、「具体的な説明があり、各課程についてよく理解できた」「学生への進路指導に役立てたい」との感想が寄せられました。

また、同説明・意見交換会終了後、教員を目指す学生への就職指導を行うプレイスメントプラザ及び附属図書館等の見学を行い全日程を終了しました。

20190606

大学院の説明・意見交換会の様子


このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2019年06月07日)

このページの先頭へ戻る