ホーム  >  インフォメーション  >  2019年度  >  北朝鮮による拉致問題を考えるパネル展を開催しました。

インフォメーション

北朝鮮による拉致問題を考えるパネル展を開催しました。

2019年07月09日

上越教育大学では、新潟県との共催により6月17日から6月30日までの14日間、「北朝鮮による拉致問題を考える巡回パネル展」を開催しました。

新潟県では、拉致問題や特定失踪者の問題について、若い世代を含め広く県民に理解と関心を深めてもらう目的で、県内各地で巡回パネル展を開催しています。上越教育大学も新潟県に協力し、今回、一般市民及び学生、教職員を対象に学内でパネル展を開催しました。

多くの学生が毎日立ち寄る掲示板の隣のスペースにパネルを展示し、訪れた学生からは、「ご家族の気持ちを思うと悲しくなる。」「このことを忘れてはいけない。」などの声が聞かれました。

展示内容は、次のとおりです。

 拉致問題等に関する広報パネル

 拉致問題等に関する写真パネル

  ・横田めぐみさんの父親である滋さんが撮影した家族写真

  ・佐渡市で拉致された曽我ミヨシさんの写真

  ・特定失踪者 大澤孝司さん、中村三奈子さんたちの写真


このページは上越教育大学/総務課が管理しています。(最終更新:2019年07月09日)

このページの先頭へ戻る