ホーム  >  イベント情報  >  2016年度  >  上越教育大学いじめ等予防対策支援プロジェクトフォーラム2016 いじめ予防への挑戦-実践交流の拡大をめざしてーが開催されました。

イベント情報

上越教育大学いじめ等予防対策支援プロジェクトフォーラム2016 いじめ予防への挑戦-実践交流の拡大をめざしてーが開催されました。

                                                                                                                                   2016年10月26日

本学では、去る10月2日(日)講義棟301教室において、いじめ等予防対策支援プロジェクトフォーラム2016  「いじめ予防への挑戦-実践交流の拡大をめざして-」を開催しました。このフォーラムは、いじめ問題に関して特色ある取組を行っている4大学(宮城教育大学、上越教育大学、鳴門教育大学、福岡教育大学)が連携し、昨年4月に立ち上げた協働参加型ネットワークによる「いじめ防止支援プロジェクト(BPプロジェクト)」事業の一環として実施したものです。連携4大学によるプロジェクトは、教育委員会や学校の教育力向上のために、各種支援事業、教育研究事業、研修事業を柱に各大学がテーマをもって取り組むもので、上越教育大学では、いじめ問題に強い教員を養成するための大学授業でのカリキュラム開発や学校教員向けの研修プログラムの開発をテーマとしています。今年度のフォーラムでは、本学大学院早川裕隆教授による基調講演「いじめの問題からみた子ども論-子どもの思考と行動を中心に-」の後、3分科会に分かれて、「ネットいじめへの対応」「特別支援教育の観点によるいじめや不適切な関わりに見られる課題と支援の実際」「差別心に立ち向かう人権教育、同和教育」のテーマで学校現場での実践を紹介いただきながら、参加者と共に活発な討議が行われました。ご参加いただきました皆様に御礼申し上げます。

画像 画像

このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2016年10月27日)

このページの先頭へ戻る