ホーム  >  お知らせ・イベント情報  >  2010年度  >  3月18日(金)に挙行した卒業式の様子と学長告辞を掲載しました。

お知らせ・イベント情報

3月18日(金)に挙行した卒業式の様子と学長告辞を掲載しました。

2011年03月31日

平成22年度上越教育大学学位記授与式等

3月18日(金)の9時30分から学位記授与式(大学院),11時20分から卒業証書・学位記授与式(学部)を講堂において挙行し,大学院修了生265人,学部卒業生166人が,それぞれの進む道へ旅立ちました。
当日は,来賓の上越市長(代理:中野教育長),寺田大学院同窓会長,牧野後援会長を始め,多数の保護者,本学教職員が出席の中,開式に先立って,東北地方太平洋沖地震におきまして,お亡くなりになられた方々を追悼し,被災地の一日も早い復興を祈念し,黙祷が行われました。
式典では,式次第を一部変更し,学位記(卒業証書・学位記)授与,学長告辞,修了生(卒業生)代表答辞,来賓紹介,学生歌演奏が行われました。
学長告辞では,若井学長から大学院修了生に向けて,『「尊敬されること」と「要求される期待の水準の厳しさ」は表裏一体であるとの自覚を忘れずに、もて映やされても驕ることなく、一歩一歩堅実に「専門職としての教職」の道を歩んでいくことを期待する』と,また,学部卒業生に向けては,『実力を備えたプロとなる道のりは、平坦ではなく起伏に富んだマラソンコースのようなものだが、焦らずに、一歩一歩堅実な前進を』との激励の言葉があり,卒業生・修了生の代表から,学生生活を振り返り,旅立ちに当たっての決意が述べられました。
また,会場の講堂前では、学生が東北地方太平洋沖地震被災者支援のための募金を呼び掛けました。

  • 黙祷する出席者
    黙祷する出席者
  • 募金を呼び掛ける学生たち
    募金を呼び掛ける学生たち
Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/総務課が管理しています。(最終更新:2011年04月04日)

このページの先頭へ戻る