ホーム  >  大学紹介  >  教育研究  >  論文

大学紹介

論文一覧

上越教育大学の教員が次の「論文」を発表しましたので,お知らせいたします。

教員名 論文名 著者名 単著,共著等 発行年月
片桐 史裕 現代文評論教材でのつまずき語解消過程の研究 片桐 史裕 単著 平成29年
5月
直原 幹 剣道の稽古時および試合時における競技的要素の比較研究 大澤 一樹・池川 茂樹・直原 幹 共著 平成29年
3月
直原 幹 夕食・夜食のタイミングが中学生の身長増加に及ぼす影響 小須田 翼・中村 真知子・直原 幹・池川 茂樹 共著 平成29年
3月
直原 幹 「保健体育」における「21世紀を生き抜くための資質・能力」の「思考力」の検討 周東 和好・榊原 潔・大橋 奈希左・竹野 欽昭・松浦 亮太・池川 茂樹・直原 幹・土田 了輔・市川 真澄 共著 平成29年
3月
直原 幹 バドミントンのレシーブ動作における「スプリットステップ」の有効性に関する研究 亀岡 太郎・池川 茂樹・榊原 潔・
直原 幹
共著 平成29年
3月
木村 吉彦 スタートカリキュラムの実現を目指すこれからの生活科 木村 吉彦 単著 平成29年
3月
松沢 要一 アクティブ・ラーニングを機能させる教材アレンジとその実践的研究 若林 圭太・松沢 要一 共著 平成29年
2月
西川 純 アクティブ・ラーニングにおけるICT活用についての研究、生徒の自由なタブレット端末の使用に着目して 伊藤 大輔・飯野 弘人・川口 博貴・西川 純 共著 平成28年
12月
木村 吉彦 スタートカリキュラムの実現を目指すこれからの生活科 木村 吉彦 単著 平成28年
12月
木村 吉彦 これからの生活科授業で求められる学びのあり方 木村 吉彦 単著 平成28年
11月
直原 幹 最大無酸素パワー測定時における「測定の慣れ」に関する研究 直原 幹・池川 茂樹 共著 平成28年
9月
直原 幹 空手道学習者のスポーツ価値志向に関する研究 藤原 弘生・池川 茂樹・直原 幹 共著 平成28年
9月
西川 純 外国語教育における小中合同授業の実践、『学び合い』による英語教育を通して 伊藤 大輔・西川 純 共著 平成28年
8月
木村 吉彦 接続期カリキュラムの実現に向けて 木村 吉彦 単著 平成28年
4月

(注釈)教員のプロフィールは,ホームページ「教育研究スタッフ紹介」をご覧ください。


このページは上越教育大学/広報課が管理しています。(最終更新:2017年06月22日)

このページの先頭へ戻る