ホーム  >  大学紹介  >  地域連携  >  春日山城跡等の整備活用事業  >  中学生と春日山城跡松林整備(松葉カキ)

大学紹介

中学生と春日山城跡松林整備(松葉カキ)

上越市立春日中学校生徒会からの申し入れをきっかけに,春日山城跡保存整備促進協議会,上越市立春日中学校生徒会及び上越教育大学の3者主催で,平成27年5月17日(日)に相撲場の松林整備(松葉カキ)を実施しました。今年度で4年目の実施になります。

松葉カキ1

協議会,春日中学校生徒会,上越教育大学及び上越市・頸城森林組合の総勢120名余りが参加しました。


画像

作業は,中学生,協議会,大学生混合で10班を編制し,伐採木や松葉をかき集め,袋詰めをしてクレーンで引き上げて再利用所へ運搬してもらいました。相撲場は,綺麗に整備されました。










中学生と大学生と地域が力を合わせ春日山城跡を守る運動が広がってきていることが実感できる活動となりました。


画像

このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2015年05月20日)

このページの先頭へ戻る