ホーム  >  大学紹介  >  公開情報  >  研究助成等の公募情報

大学紹介

研究助成等に係る公募情報

本学宛に研究助成団体から届いている公募情報は,以下のとおりです。
申請を希望される方は,申請期限の2週間前までに研究連携課研究連携チーム(内線:3615)へご連絡ください。
財団法人 助成財団センターのホームページにおいて,各財団等の募集情報が入手できますので,こちらも御覧ください。

公募名/助成団体 対象分野・テーマ等 申請締切
2018年度社会科学研究助成/公益財団法人野村財団 法学・政治学・経済学を中心とする社会科学分野における研究プロジェクトに対する助成 平成30年11月30日
公益信託福原記念英米文学研究助成基金の募集/公益信託福原記念英米文学研究助成基金 英米文学の研究に従事している研究者を助成し、英米文学研究の振興発展に寄与することを目的とした研究助成 平成30年10月31日
第14回児童教育実践についての研究助成/公益財団法人博報児童教育振興会 (「ことばの教育」に関する研究)
国語・日本語教育の諸分野における研究
あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
(児童教育実践の質を向上させる研究)
多様な場における教育実践の質を向上させる研究
平成30年10月31日
2018年度(平成30年度)学術研究助成の募集/公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団 (助成対象)
(1)助成対象となる研究分野
米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に関して次の①~③に掲げる分野に係る食品科学等の研究で、別紙に示す研究の分類項目のいずれかに該当すること。
① 生産・加工・流通に関する基礎的研究
② 製造技術及び品質保持技術の開発に関する研究
③ 安全・衛生、栄養・機能等に関する研究
(2)助成対象となる研究者、研究グループ
日本国内の国公私立大学、公的研究機関において食品化学、栄養学、食品機能学、食品、工学、食品衛生学、調理科学等の研究を行う研究者及び研究グループ
平成30年10月19日
平成30年度助成金応募の募集/公益財団法人科学技術融合振興財団 (課題A)
シュミレーション&ゲーミングに関する調査研究
(課題B)
①情報技術、ネットワーク技術を応用したシュミレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
平成30年10月15日
平成30年度補助金応募の募集/公益財団法人科学技術融合振興財団 (課題C)
シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
平成30年10月15日
野間教育研究所創立70周年記念調査研究論文の募集/公益財団法人野間教育研究所 個人研究のみを対象とし、調査研究成果は未発表のもの(口頭発表は可)に限る
(1)日本教育史研究部門
第二次大戦終了から高度経済成長に至る時期における教育事象について、歴史的なアプローチにより解明しようとする基礎的研究
(2)社会教育研究部門
日本における青年の自立と教育に関する基礎的研究
(3)教育心理研究部門
子どもの道徳性や社会性の発達およびその支援に関する研究
(4)幼児教育研究部門
保育者の専門性と保育の質の向上の関連性について解明しようとする学術的研究
平成30年10月1日
平成31年度日教弘本部奨励金募集/公益財団法人日本教育公務員弘済会 (助成の趣旨)
学術、芸術、福祉、国際交流、環境保護等の各分野において、教育機関及び非営利団体が次年度(平成31年度)に行う教育の向上発展に寄与する全国規模の有益な研究・活動等を対象とする。
平成30年9月30日
2018年度研究出版助成の募集/公益財団法人日本証券奨学財団 証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会の各分野 平成30年9月30日
2018年度学術研究助成事業の募集/財団法人全国銀行学術研究振興財団 (研究分野)
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究。経済分野では、経済理論、経済統計学、経済政策、経済史、財政学、金融論。法律分野では、民法、商法、。経済法、その他金融・経済に関する法律。
平成30年9月20日
安倍フェローシップ(研究者対象)/米国社会科学研究評議会(SSRC) (テーマ1)個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威:
食糧、水、エネルギーの供給不安定、疫病の世界流行、気候変動、災害をめぐる準備・予防・回復、紛争・テロリズム・インターネット・セキュリティの問題など
(テーマ2)成長と持続的な発展:
グローバル金融の安定性、貿易の不均衡と協定、グローバリゼーションへの適応、気候変動への対応、貧困と不平等など
(テーマ3)社会・科学・文化のトレンドと変容:
高齢化や人口変化、生殖遺伝学の利点と危険性、ジェンダーと社会的疎外、女性やマイノリティへのSTEM教育の広がり、人口移動、過疎化と都市化、仕事自動化の影響、貧困と不平等、コミュニティの回復力など
(テーマ4)ガバナンス、エンパワーメントと市民参加:
民主主義制度、参加型ガバナンス、人権、NGO/NPOの役割、新しいメディアの発展、イノベーション推進における政府の役割など
平成30年9月1日
平成30年度研究助成の募集/公益財団法人上廣倫理財団 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関して、哲学、倫理学、教育学、心理学等、様々な分野で学術的な研究に取り組んでいる若手研究者の育成を目指している。 平成30年9月1日
2018年度助成申請の募集/公益財団法人韓昌祐・哲文化財団 (対象分野)
日韓に関わる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流が対象
平成30年8月31日
2018年度公募委託調査研究の募集/一般財団法人全国勤労者福祉・共済振興協会 (研究テーマ)
「ともに支えあう社会をめざして」をメインテーマとする勤労者の生活の向上に寄与する調査研究
平成30年8月31日
2018年度家庭・地域教育研究助成の募集/公益財団法人前川財団 家庭・地域社会の教育についての学術的・文化的な研究及び実践活動、日本の伝統的な子育てを現代に活かし、地域共生社会の実現に向けた子育て環境の改善、新しい時代に即した教育活動の創生をめざす研究及び実践 平成30年8月31日
平成31年度日本人若手研究者研究助成金の募集/公益財団法人中島記念国際交流財団 (対象分野)
情報科学
生命科学
(応募年齢)
37才以下※平成31年4月1日現在
平成30年8月24日
第35回若手研究者のための健康科学研究助成/公益財団法人明治安田厚生事業団 (公募テーマ)
a.指定課題:運動とメンタルヘルス
b.一般課題:健康増進に寄与する学術研究
※研究者1人につき、aかbのいずれか1件のみ応募可
平成30年8月23日
2018年度食の文化助成研究の募集/公益財団法人味の素食の文化センター 新たな知見の発掘・確立や新領域の開拓など、食文化研究の発展をリードしようとする意欲ある若手研究者の研究活動 平成30年8月15日
総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)につながるインキュベーション研究(IS)及び予備研究(FS)の新規公募/大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所 募集するIS
(実践プログラム1)環境問題に柔軟に対処しうる社会への転換
(実践プログラム2)多様な資源の公正な利用と管理
(実践プログラム3)豊かさの向上を実現する生活圏の構築
募集するFS
(実践プログラム1)環境問題に柔軟に対処しうる社会への転換
(実践プログラム2)多様な資源の公正な利用と管理
(実践プログラム3)豊かさの向上を実現する生活圏の構築
平成30年8月1日
2019年度稲盛財団研究助成の募集/公益財団法人稲盛財団 (研究分野)
自然科学系
人文・社会科学系
平成30年7月20日
2018年度グラフィック文化に関する学術研究助成/公益財団法人DNP文化振興財団 (A部門)グラフィックデザイン、グラフィックアート全般をテーマとする研究
グラフィックデザイン、版画などのグラフィック文化に関係する研究、美術史デザイン史、美学芸術学、博物館学アーカイブズ学、美術教育学、比較文化論、画像工学、技法材料・保存科学、心理学、法学、経済学など
(B部門)グラフィックデザイナー、田中一光に関する研究
DNP文化振興財団が保有する田中一光アーカイブ(作品、写真、書類、蔵書等、5万点を超える資料群)を活用した、田中一光に関する研究
平成30年7月17日
平成30年度教職大学院と教育委員会の連携・協働支援事業(NITSカフェ)の公募について/教職員支援機構 教員の養成・採用・研修を担う大学・教育委員会などの専門の教育関係者と、一般の現職教員、学校、地域、民間企業等が、教員の資質向上に関するテーマで語り合う参加型ワークショップに対する支援


※申請を希望される方は,平成30年6月12日までに下記連絡先までご連絡ください。

【本件の申請に係る連絡先】
財務課財務チーム(内線:3235)
平成30年7月14日
平成30年11月9日
平成31年2月1日

このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2018年07月12日)

このページの先頭へ戻る