ホーム  >  学校の先生を目指すあなたへ  >  「夢」実現までの道のり

学校の先生を目指すあなたへ

「夢」実現までの道のり

「先生を目指しているけど,何をしたらいいの?」「どうやって先生になるんだろう」
そんな疑問にお答えするため,先生になるまでの道のり(ルート)の例をご紹介します。

先生になるために必要なこと

教員免許状

先生になるためには教員免許状が必要です。
大学等で「教職課程」という,教員免許状を取得するために必要な教育を受けることができるコースを設けており,この課程で学ぶことで教員免許状を取得できます。

教員養成は,教員免許課程としての認定を受けた一般学部と,特定学部である教員養成学部が行っています。
教員養成学部では,学校教育に関連する科目が多く開設されており,幼稚園教諭,小学校教諭,中学校教諭,高校教諭など修得単位や所属コースにより,様々な免許状を取得することができます。(本学学校教育学部で取得できる免許状

教員採用試験

公立学校で先生として働く場合には教員免許状を取得した上で,都道府県などの教育委員会が行う教員採用試験に合格しなければなりません。
私立学校等の場合は,原則として,各学校または法人によって行われている採用試験を受験することになります。

ライフコース例

大学(教職課程)を卒業してすぐ先生へ

大学の教職課程を履修し,在学中に教員採用試験に合格すれば,大学卒業と同時に教員として働き始めることができます。

ライフコース例 ケース1
大学(教職課程)卒業後講師を経て先生へ

免許状は取得できたが大学在学中に教員採用試験に合格できなかったという場合でも,講師として子どもたちに教えながら,再度採用試験に挑戦することができます。

ライフコース例 ケース2
大学(教職課程)卒業後,民間企業等を経て先生へ

免許状を取得したものの教員にはならず,いったん違う職業に就いた後に,再び先生を目指す人もいます。

ライフコース例 ケース3
大学卒業後,本学の大学院で免許状を取得し先生へ

大学卒業時に免許状を取得できなかったが,本学大学院修士課程で教育職員免許取得プログラムを履修して免許状を取得し,教員採用試験に合格した場合です。(教育職員免許取得プログラム

ライフコース例 ケース5

このページは上越教育大学/企画・広報課が管理しています。(最終更新:2013年04月08日)

このページの先頭へ戻る