平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

釜田 聡 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
〇授業においては,シラバスの記述内容に即しながら,可能な限り現代的な課題・資料を加味し,授業内容と授業の方法を構成した。研究指導では,学生一人ひとりの興味関心,問題意識を大切にしながら,研究水準の維持のため,個別具体的な指導を心がけた。〇成績評価方法については継続的かつ多面的な評価方法を工夫した。具体的には,講義・演習中の取り組み,提出物,各種レポート,最終課題,自己評価情報など,可能な限り多様な情報を収集し,授業内容に照らして,評価を行った。 

  【観点2】教育の達成状況
〇研究室の指導において,学生一人ひとりの進路希望と進路意識を細やかに把握し,研究指導と合わせて,メリハリのある準備をするように適宜指導・助言をした。例えば,教育実習期間と研究期間,教員採用試験,各種就職準備などのバランスを適切にとるように日頃から指導・助言してきた。その結果,学生一人ひとりは自らの進路に向かい,教員採用試験・各種就職試験,研究活動に計画的に取り組み,各自が着実に成果をあげるに至った。 

研究指導
  【観点1】学部
該当者無し 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
〇現職教員,免許プログラム受講学生,留学生と,それぞれの目的意識が異なるなか,研究題目や研究の内容と方法を立案する際に,十分に相談する時間をとり,各自の立場や進路意識,将来設計によりそった研究指導に努めた。また,研究推進にあたっては,過度に困難な研究課題に直面しないよう,また教育の現状から遊離しないよう,「臨床」を基盤にすえた研究指導に努めた。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
著】(1)  平成26年 05月: 日韓中でつくる国際理解教育(単著),明石書店,
論】(1)  平成27年 03月: 東アジアの未来を選択する国際理解教育カリキュラム開発-日韓併合100年の新聞記事に着目して-,上越教育大学研究紀要,34巻, pp.79-89
(2)  平成26年 06月: 日本・中国「異己」共同授業プロジェクトの概要,国際理解教育,20巻, pp.96-100
業】(1)  平成27年 03月: 平成26年度版小学社会6上,教科用図書,
(2)  平成27年 03月: 平成26年度版小学社会6下,教科用図書,
(3)  平成27年 03月: 平成26年度版小学社会5上,教科用図書,
(4)  平成27年 03月: 平成26年度版小学社会5下,教科用図書,
(5)  平成27年 03月: 平成26年度版小学社会科3.4上,教科用図書,
(6)  平成27年 03月: 平成26年度版小学校社会3.4下,教科用図書,
(7)  平成26年 07月: 東アジアの学校教育-台湾スタディツアー・記録と論考-,東アジアの学校教育-台湾スタディツアー・記録と論考-,
発】(1)  平成26年 11月 03日: ☆知識基盤社会における「共同的な学び」-上越教育大学附属中学校の事例-,台湾嘉義大学国際シンポジウム,
(2)  平成26年 06月 Analyzing Requirements for Mutual Understanding of Social Studies Teachers’ in Korea and,Analyzing Requirements for Mutual Understanding of Social Studies Teachers’ in Korea and,日本国際理解教育学会,
他】(1)  平成26年 12月 : 国際理解プレゼンテーションコンテスト,新潟県国際交流協会,
(2)  平成26年 11月 : 台湾嘉義大学シンポジウム,台湾嘉義大学,
共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)異己プロジェクト,代表者:釜田聡,(上越教育大学)
(2)東アジアの学校教育,代表者:釜田聡,(上越教育大学)
国際研究プロジェクトへの参加状況
(1)東アジアの学校教育の探究,代表者:釜田聡,(上越教育大学)
(2)學習共同體的發展與實踐,代表者:林明皇,(嘉義大学)
(3)異己理解共同授業プロジェクト,代表者:釜田聡,(上越教育大学)
(4)東アジアの未来を選択する国際理解教育のカリキュラム・教材開発-日韓関係を中心に-,代表者:釜田聡,(上越教育大学)
学会活動への参加状況
(1)  平成27年 02月: ~ 平成27年 02月: 日本学校教育学会。国際交流委員会研究会,
(2)  平成26年 07月 30日: ~ 平成26年 07月 31日: 日本国際理解教育学会・国際委員会研究会,
(3)  平成26年 06月 13日: ~ 平成26年 06月 16日: 日本国際理解教育学会・奈良大会,
外国における研究の状況
(1)  平成27年 01月 27日: ~ 平成27年 02月 04日: アメリカ グローバル時代の学校教育
(2)  平成26年 11月 01日: ~ 平成26年 11月 06日: 台湾 東アジアの学校教育の探究
(3)  平成26年 09月: ~ 平成26年 09月: 韓国 東アジアの未来を選択する国際理解教育のカリキュラム・教材開発
(4)  平成26年 08月: ~ 平成26年 08月: シンガポール 東アジアの学校教育の探究
(5)  平成26年 06月: ~ 平成26年 06月: シンガポール 東アジアの未来を選択する国際理解教育のカリキュラム・教材開発

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 01月: ~ 平成28年 03月: 国際交流インストラクター事業委員(新潟県国際交流協会)
(2)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 出前講座(上越教育大学)
(3)  平成26年 11月: ~ 平成26年 11月: 台湾嘉義大学シンポジウム(台湾嘉義大学)
(4)  平成26年 12月: ~ 平成26年 12月: 国際理解教育プレゼンテーションコンテスト(新潟県国際交流協会)
(5)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 教員免許講習(上越教育大学)
(6)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 妙高市教育委員会評価委員会(妙高市)
(7)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 糸魚川市教育委員会一貫教育(糸魚川市)
(8)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 上越市教育委員会研修(上越市)
(9)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: 新潟県立津南中等教育学校・人権教育に関する講演会(県立津南中等教育学校)
(10)  平成26年 04月: ~ 平成27年 03月: NIE研究指導(新潟県NIE)
◎社会への寄与等
地域社会と国際協働研究で得た知見をもとに,出前講座や各研究校での指導,研修講師として,尽力した。特に,NIE(新聞活用教育)やESD(持続発展教育)の推進については研究指導を通じて,地域への普及に貢献したと考える。また,糸魚川市の一貫教育基本方針の策定や妙高市教育委員会の点検評価事業にも参画し,大学と上越地域教育委員会との連携にも寄与している。国際交流としては,上越国際交流協会と新潟県国際交流協会と各種事業活動を通じて,連携を深めている。