平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

安藤 知子 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
大学院では,グループでの意見交換など受講者の主体的関与の機会を提供するように工夫した。また,受講者のニーズに応じて難解な理論書を扱い,皆で講読することでより深い理解と熟考が促された。学部授業は,授業記録を活用して受講者自身が発信する機会を毎回保障し,双方向のやりとりを経て自身の学びを整理集約できるようにした。また,受講者のレディネスに配慮し,例えば「協働性」を理解するためにチームでのハンドベルの実演を体験させるなど,参加意欲を高める工夫を行った。成績評価は、出席やレポート提出,議論への積極的参加や,様々な作業での発言内容等も全て加味して得点化し,一覧できる成績評価シートを作成し,活用した。 

  【観点2】教育の達成状況
講義では,学部,大学院ともに受講者の積極的,主体的な学習活動を促すことができた。特に,大学院「教師の職能発達特論」では,教師の実践的省察をテーマとする理論書講読とディスカッションが盛り上がり、教師の専門性が深化するプロセスについて、各受講者がそれぞれ具体的に思考し,省察力を高めることができた。  また,指導学生の進学状況は,いずれも教職へ就いている。その内訳は,免許プログラム生を含んで正規採用(2名),臨時採用(2名)である。 

研究指導
  【観点1】学部
2名の卒業論文執筆を指導した。スクールソーシャルワーカーへのインタビュー調査,小学校教員へのキャリア教育に関する質問紙調査であるが,それぞれのテーマに応じて,その調査実施手続き,得られたデータの分析,論文執筆の全過程にわたり,自らの問いに対する答えを導き出す省察に重点をおいて指導した。また,調査へ至る前段階として,基礎知識の学習や臨床的な学び(現職教員への聞き取りや授業公開,学校公開研究会などへの参加)を重視した。論文執筆では,学生自身の4年間の学びが質的に表現されることを尊重して支援した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
昨年同様に,経験的な問題関心を理論的に捉え,答えを導き出すための現象分析の方法と思考訓練に重点をおいて指導を行った。特に修士論文執筆者に対しては,調査手続きの公正性や質的な分析方法の厳密さ等にも配慮しつつ,それぞれのテーマに応じた専門的指導を行った。5名のうち3名は実践の場に立つ教師の専門性の内実やその深化のプロセスを探求することに関心があったので,特に教師の実践的省察を軸とした考察の深まりを促すよう支援した。また,2名はカリキュラム・マネジメントを手がかりとして学校や教師の実践をとらえようとしていたので,カリキュラム開発とそれを促進する学校の組織条件について考察を進めるよう指導した。 

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 03月: 研究する文化への積極的意味付与を促進する要因に関する研究―根岸小学校の事例に焦点付けて―,上越教育大学研究紀要,34巻, pp.13-23
(2)  平成26年 05月: 個別学校の特色ある教育活動に対する教員の主体的・積極的意味付与に関する考察,教育経営研究,20号, pp.4-13
(3)  平成26年 05月: 教員養成・研修プログラムの改革をめぐる大学における「組織学習」の課題 (特集 教育改革と教職員の資質向上),日本教育経営学会紀要,56号, pp.13-23
業】(1)  平成27年 03月: 職能発達を見据えた養成カリキュラムの考察,SYNAPSE[シナプス],
(2)  平成26年 10月: OECD国際教員指導環境調査(TALIS)から読み解くべきこと,教職研修,
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 10月 10日: ~ 平成26年 10月 12日: 日本教育行政学会,
(2)  平成26年 09月 27日: ~ 平成26年 09月 27日: 日本教師教育学会,
(3)  平成26年 08月 08日: ~ 平成26年 08月 10日: 日本学校教育学会,
(4)  平成26年 06月 06日: ~ 平成26年 06月 08日: 日本教育経営学会,

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 10月 ~ 平成27年 04月 上越市施設使用料の減免基準に関する検討懇談会(上越市総務管理部行政改革推進課)
(2)  平成26年 08月 19日: ~ 平成26年 08月 19日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)
(3)  平成25年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市立牧小学校学校運営協議会委員(上越市立牧小学校)
(4)  平成26年 12月 25日: ~ 平成26年 12月 25日: 新潟県教職12年経験者研修講師(新潟県立教育センター)
(5)  平成26年 12月 24日: ~ 平成26年 12月 24日: 青森県特別支援学校ミドルリーダー研修講師(青森県教育センター)
(6)  平成26年 11月 29日: ~ 平成26年 11月 29日: 公孫会「虹の会」周年行事記念講演(公孫会「虹の会」)
(7)  平成26年 10月 28日: ~ 平成26年 10月 28日: 新潟県新任教頭研修(新潟県立教育センター)
(8)  平成25年 08月 ~ 平成27年 08月 上越市教育委員会自己点検・評価委員(上越市教育委員会)
(9)  平成25年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県社会教育委員(新潟県教育庁生涯学習課)
(10)  平成25年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越カリキュラム開発研究委員会委員(上越市教育委員会)
◎社会への寄与等
学校組織マネジメント,ミドルリーダーの役割論,学校経営学に関する専門知識を活用して,上越カリキュラム開発研究推進委員会委員,新潟県社会教育委員,上越市内小学校学校評議員などの活動を行い,また,10年経験者研修や公開講座の講師等を継続して務めた。その他に,新たに新潟県内の新任教頭対象の研修講座の講師や上越市施設使用料の減免基準に関する検討懇談会の座長などを新たに担当した。学校教育、社会教育ともに多様な外部諸機関との組織的連携が課題となっている今日、教育実践を組織的に捉え、経営的発想をもって行動化していくことが重要となっており、この点での理論的整理に際して寄与した。