平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

大前 敦巳(教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学部・大学院とも全ての講義・演習において、ワークシートの記入と提出を義務づけ、出席の平常点とした。ワークシート記入中は、机間指導を行って寝ている学生や飲食物・ゴミを出している学生に注意を与え、記入後にランダムに学生に発表させ、大学院の授業では小グループによるディスカッションを行った。加えて、試験・レポート等による評価を行い、公平で厳格な成績評価を心がけた。 

  【観点2】教育の達成状況
学部「比較教育学」「フランス教育文化事情」においては、日仏比較の観点からグローバルな視野をもつ人材の育成に努め、学部「生涯学習概論A」と大学院「教育社会学特論」においては、将来の就職や進路形成を企てる上で「学び習慣」と「学びのネットワーク」をもつ重要性を強調した。大学院「教育実地調査分析演習」では、フリー統計ソフト「R」を用いた調査・統計技法を実践的に習得させ、特に現職教員がデータ処理を行う際に有用な実地演習を行った。 

研究指導
  【観点1】学部
卒業論文では、(1)インターナショナルスクールにおける服装頭髪指導を調査して国際的な観点から生徒指導に役立てる指導を行い、本人は海外青年協力隊に就職した。(2)中高一貫校における進路のトラッキングを調査して進路指導に役立つ指導を行い、本人は東京都高等学校教諭として就職した。学部3年次生には、本人の問題関心に応じた先行研究を読ませ、自分自身にとって将来に役立つ卒業論文テーマを決めさせた。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
修士論文では、(1)高等学校野球部を通じた文化資本形成に関する調査を行い、部活動が進路形成に与える有効性を明らかにした。(2)地域の社会人リーダーに部活動経験の効果を調査し、キャリア教育の「基礎的・汎用的能力」の育成の意味を考察した。(3)県レベルの行政主導型ワークライフバランス施策を調査し、豊かな教育を可能にする家庭生活と両立する働き方を考察した。1年次生と免P2年次生には、修士論文テーマを決める上で、臨床的な教育実践に結びつく諸問題に関わる先行研究を整理させた。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 03月: 1960年代における新構想大学創設に向けた「計画」のキャッチアップ,上越教育大学研究紀要,34巻, pp.67-77
(2)  平成27年 03月: 1980年代以降のバカロレア80%目標に伴うフランスの大学改善―新設大学の取り組みを事例として―,日仏教育学会年報,21巻,
業】(1)  平成27年 02月: 日仏の新構想大学における職業養成教育の形成過程に関する比較社会学研究,平成24~26年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書,
(2)  平成26年 05月: 学力格差是正政策の国際比較最終報告書,平成25年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A))報告書,
発】(1)  平成26年 11月 29日: ☆1980年代以降のバカロレア80%目標に伴うフランスの大学改善,日仏教育学会2014年度研究大会,
(2)  平成26年 09月 13日: 1960年代における新構想大学創設に向けた「計画」のキャッチアップ,日本教育社会学会第66回大会,
共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)平成27年度上越市ライフスタイル調査,代表者:上野光博,(上越教育大学)
国際研究プロジェクトへの参加状況
(1)日本およびフランスの高等教育改革に関する学際的比較研究,代表者:白鳥義彦,(神戸大学)
(2)日本およびフランスの高等教育改革に関する比較研究,代表者:白鳥 義彦,(神戸大学)
(3)日仏の新構想大学における職業養成教育の形成過程に関する比較社会学研究,代表者:大前 敦巳,(上越教育大学)
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 11月 29日: ~ 平成26年 11月 29日: 日仏教育学会,
(2)  平成26年 10月 25日: ~ 平成26年 10月 25日: 日仏社会学会,
(3)  平成26年 09月 13日: ~ 平成26年 09月 14日: 日本教育社会学会,
外国における研究の状況
(1)  平成26年 03月 23日: ~ 平成26年 04月 03日: フランス 日仏の新構想大学における職業養成教育の形成過程に関する比較社会学研究

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 12月 17日: ~ 平成27年 03月 31日: 上越地域総合健康管理センター倫理審査委員(上越医師会)
(2)  平成27年 01月 15日: ~ 平成27年 03月 31日: 上越市ライフスタイル調査実行委員会(上越市教育委員会)
(3)  平成26年 08月 08日: ~ 平成26年 08月 08日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)
(4)  平成26年 04月 14日: ~ 平成26年 04月 14日: 出前講座(上越市立高士小学校)
◎社会への寄与等
大学院授業科目「教育実地調査分析演習」で行っている調査・統計技法の演習を出前講座や上越市の共同研究に応用し、特に養護教員の健康・生活調査の集計・分析に役立ててもらっている。「教育社会学特論」の内容を、教員免許状更新講習に活用した。また、研究倫理の審査に関わる社会貢献も合わせて行った。