平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

近藤 孝司 (講師)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学生が積極的に学習に取り組めるように,授業のはじめに今回の目標について言及することを毎回行った。コメントシートの配布と回収を行い,次の回に質問に対しての回答を行った。また参考文献の提示と適宜資料の充実を重ねることで,学習環境の改善に取り組んだ。また自主的な学習を促すために,各学生に学校臨床における心理的問題に関するテーマを与え発表する機会を設けた。またそのテーマに関連する論文の輪読と議論を通し,学生の資質向上を促した。 

  【観点2】教育の達成状況
修了生の多くは,臨床心理士資格を取得し,医療,学校,司法,産業などの領域で臨床実践に従事する者がほとんどである。現職教員は,教育現場において臨床心理学の観点から教育実践をする者が多い。このような状況から知識と体験とを有機的に統合させた実践的な教育が重視される。特に学校臨床への従事を目指す者が多いことから,スクールカウンセラーが対処する様々な心理的問題について,各テーマを学生が調べて発表し,論文を輪読するという能動的な授業を取り入れた。 

その他の教育活動

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 03月: S-HTPP法の描画特徴に投映される自己対象体験の検討,上越教育大学心理教育相談研究,Journal of Joetsu Clinical Psychology and Counseling,14巻,1号, pp.31-45
発】(1)  平成26年 09月 14日: 描画の変化からみる,思春期女性の内的外的変化 -複数枚のS-HTPP法を用いた事例-,日本描画テスト・描画療法学会第24回大会,
(2)  平成26年 08月 24日: 関係性の様相からみる,心理臨床家の専門職アイデンティティの発達 -職場・ケース・SVでの関係を視野に入れて-,日本心理臨床学会第33回大会秋期大会,
(3)  平成26年 05月 24日: 関係性の観点からみた専門職アイデンティティの発達 -Cl-Th/SVee-SVor関係の生涯発達的な変化の検討-,東海心理学会第63回大会,
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 09月 14日: ~ 平成26年 09月 14日: 日本描画テスト・描画療法学会24回大会,
(2)  平成26年 08月 23日: ~ 平成26年 08月 26日: 日本心理臨床学会第33回秋季大会,
(3)  平成26年 05月 24日: ~ 平成26年 05月 24日: 東海心理学会第63回大会,