平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

丸山 良平 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
幼稚園と保育所における実践の映像資料を提供し,乳幼児の生活の実態と保育者の指導法の具体的な理解を図った。教材作成と指導計画の立案,そして実践という一連の作業の実行を通して実践力の育成を図った。各授業において核となる課題と試験の評価基準を明示することで達成目標を明らかにして評価した。 

  【観点2】教育の達成状況
学部卒業生のほとんどが,公立保育士採用試験に合格した状況から,幼児教育における専門的知識と技能,そして高い実践力を習得し,同時に指導者となる意欲も高まったと判断する。 


<研究活動>
学会活動への参加状況
(1)  平成27年 03月 20日: ~ 平成27年 03月 22日: 日本発達心理学会第26回大会,
(2)  平成26年 11月 07日: ~ 平成26年 11月 09日: 日本教育心理学会第56回総会,

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 08月 01日: ~ 平成27年 07月 31日: みつばち保育園,みつばち第二保育園保育アドバイザー及び苦情解決第三者委員会委員(社会福祉法人みつばち福祉会)
(2)  平成25年 08月 01日: ~ 平成26年 07月 31日: みつばち保育園,みつばち第二保育園保育アドバイザー及び苦情解決第三者委員会委員(社会福祉法人みつばち福祉会)
◎社会への寄与等
2つの保育園を取り巻く地域特有の教育上の諸課題の円満解決に寄与した。保育園関係者,及び周辺住民から偏りのない問題解決の方法を提案したと評価された。