平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

Brown Ivan Bernard (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学部:学部1年生の「コミュニケーション英語」の授業では、英語コミュニケーション能力の中、特に談話能力、相互行為能力及び方略的能力を高めるために、多面的なコミュニケーション方略の指導を行い、語彙能力及び読解能力を高めるために、附属図書館が導入していただいた「Graded Readers」の使用を通じて多読活動を行った。選択科目の英会話授業では、会話分析研究(CA)を簡単に紹介し、当分野の成果を元に工夫した学校英語教育現場でも使える英語コミュニケーションタスクを行い、受講生が自ら収集した会話データを使用、小班プレゼンテーション及びレポート作成を行った。選択科目の英作文の授業では、異文化コミュニケーションに関する学問的な読書を行い、受講生が個人的に異文化コミュニケーションに関連するテーマを自由に選び、英小論を作成した。上記各科目の成績評価では、受講生に事前に明確な基準を提供し、科目によって、担当教員の評価と共に、自己評価及び受講生同士お互い評価も取り入れた。 
大学院:現代英語特論では、学校英語教育、社会言語学及び世界英語の多様性といった話題についての文章を英語で読み、その内容を踏まえた討論及びプレゼンテーションを通してその話題に関する知識を増やし、学理的な英語を練習する機会が多く、非常に活発で刺激的な授業になった。現代英語演習では、異文化コミュニケーション論とその実践的な応用並びにプロセス・ライティング・アプローチを総合的に取り入れた「マイクロ研究プロジェクト」及び「ミニ研究論文作成」の活動を行った。 

  【観点2】教育の達成状況
担当している異文化コミュニケーション応用(研究)セミナーから昨年度修了した学部生及び大学院生の就職状況を見ると、仕事の種類が多様だが、各修了生が自分の得意能力を生かせる仕事を見つけることができた。大学にいた間に、就職に関する自分の道についてじっくり考えたと考えられる。上記にもかかわらず、今後のセミナーの指導では、学生が英語力に対する自分自身の強化及び将来的な可能性を信じることができるように支援していきたい。 

研究指導
  【観点1】学部
基礎セミナーで学部生が英語教育及び異文化コミュニケーションに関連する研究を把握しやすいように、適切な入門的な本を導入してあげ、内容の読み取り及び要約発表の負担を分担割りを行った。その結果、受講生が動機づけを持ち、積極的にセミナーの討論に参加した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
他の教員が担当しているセミナーの学生(8名)の修士論文(各1名当たりおおよそ80ページ)の英語での作成に支援し,その修士論文のためのデータ収集の資料作成にも支援した。英語教育及異文化コミュニケーション能力の育成において、より高度な臨床的な実践力を習得されるために、諸関連研究分野(社会言語学、人類学、心理学等)からの研究論文を深く検討したり、関連実践例のビデオデータを分析したり、本学の国際交流事業に参加し、振り返りや分析等を行った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成26年 06月 22日: Secondary school students’ orientations, motivation and intercultural attitudes and their changes during an overseas field trip,Secondary school students’ orientations, motivation and intercultural attitudes and their changes during an overseas field trip,第44回中部地区英語教育学会、山梨大会,The Chubu English Language Education Society (CELES) 44th Annual Conference,
共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)海外研修(米国)に参加する高校1年生の異文化に関する態度,英語に対する動機づけ,アイデンティティの変化,代表者:Brown, Ivan Bernard,(上越教育大学)
(2)Creating a corpus of English spoken as a lingua franca between Japanese and cultural others: For the future purpose of developing authentic materials for conversation and intercultural training,代表者:ブラウン, アイヴァン,(上越教育大学)
学会活動への参加状況
(1)  平成27年 01月 24日: ~ 平成27年 01月 24日: CAN Kanto会話分析データセッション研究会(JALT Pragmatics SIG):大妻女子大学,
(2)  平成26年 11月 28日: ~ 平成26年 11月 30日: 「IALIC2014」(言語・異文化コミュニケーション国際学会):ポルトガル:アヴェイロ大学,
(3)  平成26年 11月 01日: ~ 平成26年 11月 01日: CAN Kanto会話分析データセッション研究会(JALT Pragmatics SIG):電気通信大学,
(4)  平成26年 08月 02日: ~ 平成26年 08月 02日: 上越英語教育学会第18回大会,
(5)  平成26年 07月 26日: ~ 平成26年 07月 26日: CAN Kanto会話分析データセッション研究会(JALT Pragmatics SIG):テンプル大学,
(6)  平成26年 06月 21日: ~ 平成26年 06月 22日: 第44回中部地区英語教育学会,
(7)  平成26年 05月 31日: ~ 平成26年 05月 31日: CAN Kanto会話分析データセッション研究会(JALT Pragmatics SIG):電気通信大学,
(8)  平成26年 05月 24日: ~ 平成26年 05月 24日: 第6回北東アジア言語教育学会,

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 10月 01日: ~ 平成26年 10月 04日: 協定校による来訪の受け入れ(上越教育大学及びWestminster School, オーストラリア)
(2)  平成26年 10月 01日: ~ 平成26年 12月 13日: 「沖縄ハイサイ祭り」(上越ちゃんぷるず映画上映実行委員会)
(3)  平成26年 09月 01日: ~ 平成26年 12月 20日: 市内特定学校の試験制度改善の支援(上越教育大学及び特定学校(校名非公開))
(4)  平成26年 07月 31日: ~ 平成26年 07月 31日: 「異文化コミュニケーション及びアメリカ文学」(教員免許状更新講習)(上越教育大学)
◎社会への寄与等
教員免許状更新講習(異文化コミュニケーションの部分)では、内容の計画と資料の作成のために、受講者のニーズを非常に深く考え、英語コミュニケーション能力の具体的な内容と指導法、英語教育における異文化コミュニケーション能力の育成についての情報を提供し、討論及び質疑応答を行った。受講者が非常に積極的かつ活発的に討論に乗せてくれ、興味深い感想文を書いてくれた。市内特定学校の試験制度改善の支援では、提供した助言及び録音データが対象学校により積極的に活用され、校長から暖かいお礼の電話を受けた。附属小学校研究会及び附属中学校研究会では、非常に興味深い研究授業を見学後、協議会の実施の際、授業者、出席している本学の学生及び地域の教諭のために参考なるような深い感想を述べ、上記出席者から積極的な反応があった。