平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

斎藤 敏夫 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学部1年生全員が受講することになっている「算数」では,算数が苦手な学生でも教壇に立ったときに使えるような話題を専門的な立場から提供することにより,学生の学習意欲を促した。また,資料となる補助教材を配布・活用し授業を円滑に進行させることで,学生が「理解する」ために必要な時間を確保することを狙った。また,視覚的な理解を促すための教材も新たに作成および改良を施し,理解度の向上を試みた。その他,数学コースの学生に対する他の授業でもこれらを重視した授業を展開した。 

  【観点2】教育の達成状況
計画していた専門知識の提供は概ね達成できたが,学生の理解および基礎学力をより向上させるためには,授業内容・進度について再考が求められる。とくに,進度については学生とのコミュニケーションを密にすることで,緩急をつけた授業を展開する必要性を感じている。また,授業で取り上げるテーマについても改良を加えていく必要がある。 

研究指導
  【観点1】学部
ゼミでは数学書を輪読し,順番に発表者が黒板を用いて他者へ解説を行うという形式を採用した。これにより,まずは数学書を理解するための数学知識を養うことができる。また,聴衆に理解してもらうためには,構成や板書の工夫も必要であり,専門的な内容を第三者に伝える術も修得できる。さらに,本形式では聴講者がいつでも自由に質問を投げかけることができるようにしており,発表者は質問を正確に把握し,瞬時に回答することも要求される。これらはすべて教員として教壇に立つうえで必要不可欠な資質であることを踏まえ,臨床的な実践力へ向けた包括的な基礎固めを指導した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
ゼミでは専門書を精読し,順番に発表者が黒板を用いて他者へ解説を行うという形式を採用している。これにより,専門書を理解するための高度な数学知識を養うことができる。また,聴衆に理解してもらうためには,構成や板書の工夫も必要であり,その高度に専門的な内容を第三者に伝える術も修得できる。さらに,本形式では聴講者がいつでも自由に質問を投げかけることができるようにしており,発表者は質問を正確に把握し,瞬時に回答することも要求される。これらはすべて教員として教壇に立つうえで必要不可欠な資質であることを踏まえ,より高度に臨床的な実践力の修得へ向けた指導を行った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成26年 10月: Tunnel number of tangles and knots,Journal of the Mathematical Society of Japan,Journal of the Mathematical Society of Japan,66巻,4号, pp.1303-1313
発】(1)  平成26年 12月 01日: Essential tangle spheres of knots,Various Aspects of Classical Links II,
(2)  平成26年 09月 28日: Essential tangle spheres of knots,日本数学会秋季総合分科会,
(3)  平成26年 09月 28日: Essential tangle spheres of knots,日本数学会秋季総合分科会,
(4)  平成26年 06月 21日: 本質的タングル分解に関する小沢の定理の拡張可能性,2014琉球結び目セミナー,
(5)  平成26年 06月 21日: 本質的タングル分解に関する小沢の定理の拡張可能性,2014琉球結び目セミナー,
学会活動への参加状況
(1)  平成27年 03月 22日: ~ 平成27年 03月 24日: 日本数学会・年会,
(2)  平成26年 09月 26日: ~ 平成26年 09月 28日: 日本数学会・秋季総合分科会,

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 08月 25日: ~ 平成26年 08月 25日: 教員免許状更新講習
◎社会への寄与等
2014年8月225日に実施した教員免許状更新講習において,現代幾何学における研究状況を通して図形に関する基礎教養を高める講習を行った。受講者の反応を受けて,次回はより基礎的な内容を重視することとし,テーマの再考や資料の修正等をを行うことにした。