平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

中村 雅彦 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
専門分野が動物生態学であるため、机上の説明だけでなく、緑の小道や弁天池、雨池に出て、身近な生物を対象とすることで学生に動機付けを与え、内容を深める工夫を行った。単に授業に出ているだけを成績評価の対象とせず、授業時間内における個人の具体的な行動達成を成績評価の対象とした。 

  【観点2】教育の達成状況
 学部生の卒業論文の指導を行った。 

研究指導
  【観点1】学部
担当授業科目に関する内容を精選するため、学習指導要領と教科書の内容の分析を行っている。講義や実験では教科書で扱っている内容や実験を優先的に扱うことで臨床的な実践力を習得させている。教育に関わる卒業研究でも、学習指導要領と教科書(単元と教える内容)を基礎に、専門分野の視点を融合する内容をテーマにし、実験・観察を基礎とする研究指導を行っている。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
大学院でも担当授業科目に関する内容を精選するため、学習指導要領と教科書の内容の分析を行っている。講義や実験では教科書で扱っている内容や実験を優先的に扱うことで臨床的な実践力を習得させるとともに今日的なテーマを取り入れることで専門的な指導を行っている。教育に関わる修士論文指導では、学習指導要領と教科書(単元と教える内容)を基礎に、専門分野の視点を融合する内容をテーマにし、実験・観察を基礎とする研究指導を行っている。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成27年 03月 22日: 複数の形質に基づくツバメの配偶者選択,日本生態学会第62回大会,
(2)  平成26年 08月 19日: Female mate preference for multiple male ornaments and territory quality in Barn Swallows,Female mate preference for multiple male ornaments and territory quality in Barn Swallows,26th International Ornithological Congress,26th International Ornithological Congress,
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 08月 19日: ~ 平成26年 08月 19日: 日本鳥学会2014年度大会,
外国における研究の状況
(1)  平成26年 09月 16日: ~ 平成26年 10月 21日: マダガスカル共和国 マダガスカルの陸上脊椎動物群集におけるトカゲ類による情報盗用の進化と発生過程

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 01月 24日: ~ 平成27年 01月 24日: サイエンスカフェ講師
(2)  平成26年 09月 06日: ~ 平成26年 09月 07日: 理科野外観察指導実習J(上越教育大学)(上越教育大学)
(3)  平成26年 08月 09日: ~ 平成26年 08月 10日: 理科野外観察指導実習C(上越教育大学)(上越教育大学)
(4)  平成26年 05月 23日: ~ 平成26年 05月 23日: 新潟県上越市春日小学校探鳥会講師(上越市立春日小学校)(上越市)
(5)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー(新潟県農林水産部)(農林水産省)
(6)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 新潟県野生生物保護対策検討会(鳥類分科会)(新潟県)(新潟県)
(7)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 長野県文化財保護審議会委員(長野県)(長野県)
(8)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 長野県環境影響評価技術委員会委員(長野県)(長野県)
(9)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 上越鳥の会代表(上越鳥の会)
(10)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 国営土地改良事業「関川二期地区」環境に係わる情報協議会委員(北陸農政局)(北陸農政局)
(11)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 河川水辺の国勢調査アドバイザー(国土交通省北陸地方整備局)(国土交通省北陸地方整備局)
(12)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 川上犬保存委員会
◎社会への寄与等
各種委員会の委員、アドバイザーや講師として生物、特に鳥類の保護、保全施策、生態の啓発に係わり、社会の教育・研究に関するニーズに貢献した。