平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

阿部 亮太郎 (教授)
<教育活動>

研究指導
  【観点1】学部
単なる知識、技能の達成度だけを見るのではなく、意欲や動機が、どのように試行錯誤や、結果に結びつくかを重視し、また実際に鳴った音の体験についての洞察力の向上を目指した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
研究が創作中心の場合は動機を重視しながらの技術的水準の確保、教室の実践場面の場合は、実際に鳴っている音や、体験の洞察の深化を目指した。 

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成26年 06月 22日: 武満徹《アステリズム》の分析と考察 ―作曲家としての武満の資質と、彼の創作が彼自身にもたらした認識について―,日本音楽表現学会まほろば大会,
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 06月 21日: ~ 平成26年 06月 22日: 日本音楽表現学会まほろば大会,

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 08月 04日: ~ 平成26年 08月 04日: 教員免許状更新講習(文部科学省)