平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

市川 真澄 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
実技授業については,教科内容を明確にするために,バイオメカニクスの基礎理論に基づいた根拠の明確な授業を実現することを心掛けた。また,講義においては,アクティブラーニング形式の授業を心掛けた。さらに,成績評価法に関しては,特に,実技授業において個人の能力差を考慮した評価を心掛けた。 

  【観点2】教育の達成状況
卒業生および修了生の進路状況については,学部卒業生は5名,大学院修了生は1名であった。そのうち,学部卒業生は3名が教員採用試験に合格し1名が本学大学院に進学した。また,1名の大学院修了生は新潟県の現職派遣の院生であったことから,新潟県の小学校教員に復帰した。これらのことから,指導の目的はおおむね達成されたものと判断される。 

研究指導
  【観点1】学部
体育実技授業などににおいて利用できるように,目的とする運動のしくみについてスポーツバイオメカニクスの観点から理解するような研究指導を行った。その結果,体育実技の指導において研究成果を根拠として,自信を持って自分自身の指導が行えるようになった。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
スポーツバイオメカニクスに関する基礎的知識を深く学習,理解することにより,実践しようとする運動種目についてより応用的な指導ができるような研究指導を行った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成26年 09月 13日: 股関節の屈曲伸展動作がゴルフスイングに与える影響,第23回日本バイオメカニクス学会,
(2)  平成26年 09月 01日: 重心の並進・鉛直方向の移動がゴルフスイングに与える効果と股関節及び脚の屈曲伸展運動の関係,日本ゴルフ学会第27回大会,
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 09月 13日: ~ 平成26年 09月 15日: 日本バイオメカニクス学会第23回大会,
(2)  平成26年 08月 31日: ~ 平成26年 09月 01日: 日本ゴルフ学会第27回大会,

◎特色・強調点等
  • 体育・スポーツの運動動作の指導時における諸問題について,バイオメカニクスの立場から,問題を客観的に解決するために,種々の測定装置を用いてデータを測定し,得られたデータをもとにどのようにして実践に応用するかを考察するところに研究活動の特色がある。2014年度は,学部1年次に開講しているスポーツ実践科目の「ゴルフ」と「スノースポーツ」に関して新しい理論を提案した。

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 12月 25日: ~ 平成26年 12月 28日: 大学体育連合スノースポーツ講習会指導者(大学体育連合)
(2)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 全日本スキー連盟教育本部スノーボード技術員(全日本スキー連盟)
(3)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 日本運動生理学会評議員(日本運動生理学会)
(4)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 日本体力医学会評議員(日本体力医学会)
◎社会への寄与等
社会的活動として,スノースポーツの普及を中心に活動を行った。日本海側の冬のスポーツとしてスノースポーツは重要な位置を占める。以前はスノースポーツの中心はスキーであったが,若者を中心とした志向の変化によりその中心はスノーボードへと移行した。しかし,その指導課程についてはいまだ完成されていない。指導者研修会などを通してより安全な指導方法の提案とその普及に努力し,受講者からは高い評価を受けた。