平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

大橋 奈希左 (准教授)
<教育活動>
研究指導
  【観点1】学部
文献購読の際にも、臨床的な実践力につながる内容を選択し、具体例をディスカッションする等、心掛けた。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
修士論文は、「教科体育におけるジェンダー再生産」について、分析・考察を行われたが、学校現場での重要な問題であり、今後現場での教員の意識改革につながるものと考えられる。 

その他の教育活動

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 03月: 現職中学校教員を対象としたダンス領域の研修について,舞踊教育学研究,16号, pp.25-30
(2)  平成27年 03月: ダンス教育における「リズムにのる」ことについての考察,上越教育大学研究紀要,34巻, pp.235-244
(3)  平成27年 03月: ダンス教育における「模倣」の意義,体育哲学研究,45号, pp.15-23
発】(1)  平成26年 07月 20日: 表現運動・ダンス領域の授業における「模倣」の意義,日本体育学会体育哲学専門領域夏期合宿研究会,
共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)教師教育における「アート」教材の意義-「場」と「仕掛け」-を重視する教材の有効性,代表者:加藤 泰樹,(上越教育大学)
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 11月 29日: ~ 平成26年 11月 30日: 舞踊学会,
(2)  平成26年 10月 25日: ~ 平成26年 10月 26日: 日本スポーツ教育学会,
(3)  平成26年 08月 26日: ~ 平成26年 08月 28日: 日本体育学会,
(4)  平成26年 08月 19日: ~ 平成26年 08月 20日: 日本体育・スポーツ哲学会,
(5)  平成26年 07月 19日: ~ 平成26年 07月 21日: 日本体育学会体育哲学領域夏期研修会,
(6)  平成26年 06月 21日: ~ 平成26年 06月 22日: 日本体育科教育学会,
(7)  平成26年 06月 16日: ~ 平成26年 06月 16日: 舞踊学会定例研究会,
(8)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 日本体育・スポーツ哲学会理事(日本体育・スポーツ哲学会)

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 11月 19日: ~ 平成26年 11月 19日: 出前講座
(2)  平成26年 10月 15日: ~ 平成26年 10月 15日: 出前講座(五泉市川東中学校)
(3)  平成26年 08月 05日: ~ 平成26年 08月 05日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)
(4)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 新潟県女子体育連盟副会長(新潟県女子体育連盟)
(5)  平成26年 11月 28日: ~ 平成26年 11月 28日: 表現運動授業研究会(長岡体育サークル)
(6)  平成26年 06月 01日: ~ 平成26年 06月 01日: 審査歴(新潟県高等学校総合体育大会)