平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

竹野 欽昭 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
将来教員として必要であろう基礎力、応用力の養成に焦点をあて教育方法の工夫に取り組んだ。また、現時点での習熟度が客観的に認識できるよう評価方法の工夫にも取り組んだ。 

  【観点2】教育の達成状況
授業やセミナーの受講者の多くが教員採用試験を受験しており、教育の取り組みが教員養成の方向付けとして適切と考えられた。 

研究指導
  【観点1】学部
学部では実践力の基礎となる論理的思考力の養成に重点を置き、数学や統計の学習活動なども採り入れながら専門的な研究指導を行った。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
大学院では実践力の基礎となる表現力の養成に重点を置き、特にプレゼンテーションの機会を多く設けて専門的な研究指導を行った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 09月 19日: ~ 平成26年 09月 21日: 第69回日本体力医学会大会,

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 08月 06日: ~ 平成26年 08月 06日: 平成26年度教員免許状更新講習講師(上越教育大学)
(2)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 平成26年度北信越学生陸上競技連盟評議員(北信越学生陸上競技連盟)
(3)  平成26年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 沖縄県内小学校学習支援活動(沖縄県内小学校)
◎社会への寄与等
特に小学校での学習支援活動では、児童の学習においてやる気を引き出す具体的な方法を提案の上、実践に取り組み、教育現場の諸課題解決へ寄与できたものと考えられた。