平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

川崎 直哉 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
電気回路特論や電気技術実験実習では,独自に製作した制御教育用教材などを授業で活用することによって,興味を高める工夫を行なっている。また,学生のレベルに応じて授業内容を分かりやすいよう説明しているが,当初の計画より遅れがちになる傾向がある。講義形式の授業でも,できるだけ実際の機器や素子を提示して,印象を深める工夫も行っている。  

  【観点2】教育の達成状況
学部は,技術分野配属学生が少ないため,昨年度は研究室からの学部卒業生はいなかった。また,昨年度大学院修了生は2名であったが,内1名は大阪府の工業高校の教員として正規採用され,もう1名は新潟県の工業高校の教員として臨時採用され,それぞれ頑張っている。 

研究指導
  【観点1】学部
学部の研究指導ついては,現在,研究室所属の学部生はおらず,卒論指導等は行っていない。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
臨床的な実践力という面からは,例えば学卒大学院生については修士論文の研究とは別に,工作教室などの教育現場で子どもたちと接する機会などを経験してもらい,臨床的な実践力の修得に努め,併せて定期的に専門的な研究指導を行った。 


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 連携教育を支援するためのユーザの検索意図に基づいた学習リソース検索システム,日本産業技術教育学会誌,57巻,2号, pp.53-61
業】(1)  平成27年 03月: 第6章 小学校におけるロボット教材の開発(1),教科内容学に基づく小学校教科専門科目テキスト 『初等 技術・情報』,

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 12月 14日: ~ 平成26年 12月 14日: 第12回ロボカップジュニア上越地区大会(ロボカップジュニア上越地区大会実行委員会)
(2)  平成26年 10月 18日: ~ 平成26年 10月 19日: 上越地区自律型ロボット工作教室(越地区自律型ロボット工作教室実行委員会)
(3)  平成26年 10月 12日: ~ 平成26年 12月 06日: 上越市少年少女発明クラブ(上越市教育委員会)