平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

岩﨑 浩 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学校支援プロジェクトにおける実践研究や研究論文の一部を教材として利用することを継続して試みている。特にその基となるデータである授業のビデオ記録を適宜活用することにより,理論と実践との関係についての理解を深める工夫を行っている。また,通常の講義・演習に加えてロールプレイングを取り入れ,研究論文中の教師-生徒の相互作用を体験的により深く解釈することを試みた。 
成績評価面においては,レポートの課題に焦点をあて,学生たちが何をどの程度まで学んだかを評価するために,授業での学生たちの具体的な活動や取組が明確になるようレポート課題を工夫し,学生たちの達成状況をより的確に把握するとともに今後の授業改善に生かすことが出来るように努めた。 

  【観点2】教育の達成状況
本年度の修了生は4名であった。2名が現職派遣の院生で,2名とも理論と実践の両面から幅広く学び現場に復帰した。特に,両名とも学校支援プロジェクトの取組を中心とした実践研究論文が全国レベルの学会誌に掲載されたことは特筆されるべきである。また,2名が学卒院生であった。2名とも教職に就くことができた.1名が正規採用で,1名が講師としての採用であったが,2名とも,希望する校種であり,進路の状況から判断した教育の達成状況は概ね良好であるといえる. 
 

研究指導
  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
「学校支援プロジェクト」を中心に,数学教育学研究を基盤としたアクション・リサーチ,デザイン・リサーチを各学校ごとに1つのチームとして行っている。その実践研究の過程は理論と実践の往還そのものであり,実験授業及び臨床的インタビューとそのプロトコル,フィールドノートに現れる事象の解釈・分析を通して,児童・生徒に寄り添った算数・数学の指導のあり方を具体的に捉える枠組みを開発したり,新しい授業デザインの開発を行っている。また,研究の視点を広げたり修正したりする契機として,さらに第4者から評価される機会として数学教育 


特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
著】(1)  平成26年 08月: 学び続ける教師になるためのガイドブック(共著),明治図書,
論】(1)  平成27年 02月: 小学校教師の専門的知識としての「帰納」:ある小学校教師Sを対象とした事例的研究,上越教育大学教職大学院研究紀要,2巻, pp.71-80
(2)  平成26年 06月: 三角形の内角定理の証明の必要性を触発する授業デザインの開発研究:証明の機能,特に「体系化」を視点として,全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』,20巻,2号, pp.123-140
(3)  平成26年 06月: 算数授業における児童の思考の質的変化を捉える視点の開発研究:帰納的活動に焦点をあてた長期にわたる授業改善の取組を通して,全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』,20巻,2号, pp.141-156
業】(1)  平成27年 03月: 学び合いを通して算数を学ぶ意欲を上げるには,新しい算数研究,
(2)  平成27年 02月: 中学校数学1,
(3)  平成27年 02月: 中学校数学2,
(4)  平成27年 02月: 中学校数学3,
共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)教員研修における質の異なる数学教師の学習:地域の研究会と教職大学院を事例に,代表者:宮川 健,(上越教育大学大学院学校教育研究科)
(2)算数・数学の授業における子どもによる表現とその洗練プロセスに関する研究,代表者:清水 紀宏,(福岡教育大学)
(3)学会による日本型数学教育の国際的発信を目指した基盤研究,代表者:植田 敦三,(広島大学大学院教育学研究科)
学会活動への参加状況
(1)  平成26年 11月 08日: ~ 平成26年 11月 09日: 日本数学教育学会・第47回秋期研究大会(熊本大学),
(2)  平成26年 07月 31日: ~ 平成26年 08月 02日: 日本数学教育学会・第96回全国算数数学教育研究(鳥取)大会,
(3)  平成26年 06月 14日: ~ 平成26年 06月 15日: 全国数学教育学会・第40回研究発表会,
(4)  平成25年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 全国数学教育学会 理事(全国数学教育学会)
(5)  平成25年 04月 01日: ~ 平成27年 03月 31日: 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』編集委員(全国数学教育学会)

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成26年 11月 28日: ~ 平成26年 11月 28日: 上越数学教育研究会(上越数学教育研究会)
(2)  平成26年 11月 06日: ~ 平成26年 11月 06日: 城東牛学校公開授業研究会
(3)  平成26年 10月 27日: ~ 平成26年 10月 27日: 頸城中学校公開授業研究会
(4)  平成26年 09月 01日: ~ 平成27年 12月 25日: 大潟町中学校校内研修指導
(5)  平成26年 08月 25日: ~ 平成26年 08月 25日: 教員免許状更新講習会(上越教育大学)
(6)  平成26年 08月 11日: ~ 平成26年 08月 11日: 富山講座(教員免許状更新講習)(富山大学)
(7)  平成26年 06月 13日: ~ 平成26年 06月 13日: 教科リーダー養成講座(新潟県教育委員会)
◎社会への寄与等
本学教職大学院のカリキュラムの中核を成す「学校支援プロジェクト」において,主に数学教育学研究の成果を学校現場の実践的課題をよりよく理解し,その改善に資するための研究の視点を開発し,教育現場に還元する活動を展開するだけでなく,ここで得られた研究成果をより広く,大学院生との共同研究として全国レベルの学会で発表し,さらに学会誌にも掲載されたことで,「学校支援プロジェクト」が開く新しい実践的研究の方向性をも示せたと考える。