平成26年度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成26年 04月 01日 ~ 平成27年 03月 31日

赤坂 真二 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
役割演技やディスカッションなどの活動を取り入れながら、講義と演習を組み合わせることにより、受講生の学びへの主体性を引き出すようにした。今年度は,特に,小グループを学年に見立てて学年経営の戦略を行った会議は,「実際に現場で使える」と,現職にも学卒にも公表であった。また、評価は、最後にまとめてレポートを課すのではなく、毎回ショートレポートを課し、毎回の評価を次の授業を展開し、受講生の課題意識に寄り添う展開を試みた。 

  【観点2】教育の達成状況
卒業生からは、困難があるが仕事が楽しい、また、児童生徒の姿に感動したなどの、実践者としての充実感を感じるコメントが聞かれている。学卒の修了生も同様の傾向である。また、現職派遣の修了生は、現場に戻り、主任クラスの責任ある立場におかれているが、それぞれ大学院での学びに立脚し、リーダーシップを発揮していると聞いている。 

研究指導
  【観点1】学部
学生ひとりひとりの課題意識を大事にするようにしながら,卒業研究のテーマを絞り,テーマに関する先行研究などをゼミで検討した。研究を進める際は,現場で取得したデータを元に,現場で活用できる研究成果の創出をするように指導した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
個人研究に関しては,週に一度,個人ゼミを設定し,質疑応答を通して,院生の課題意識に寄り添いながら,適宜情報を提示した。個人ゼミを繰り返す中で,視野を広げるとともに専門性を高めるように助言をした。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
著】(1)  平成27年 03月: マンガでわかる! 「気になる子」のいるクラスがまとまる方法(共著),学陽書房,
(2)  平成27年 03月: 自ら向上する子どもを育てる学級づくり 成功する自治的集団へのアプローチ (学級を最高のチームにする極意)(共著),明治図書出版,
(3)  平成27年 03月: クラス会議入門 (THE教師力ハンドブック)(単著),明治図書出版,
(4)  平成27年 03月: THE こども理解 (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
(5)  平成27年 03月: 達人教師の20代―子どもを「育てる」教師のチカラ(共著),日本標準,
(6)  平成27年 02月: 一人残らず笑顔にする学級開き 小学校~中学校の完全シナリオ (学級を最高のチームにする極意)(共著),明治図書出版,
(7)  平成27年 02月: クラスを最高の雰囲気にする! 目的別学級ゲーム&ワーク50(共著),明治図書出版,
(8)  平成27年 02月: マンガで直伝! 学級にやる気を生み出す「癒やし」「和み」ワザ(共著),明治図書出版,
(9)  平成27年 02月: 最高のチームを育てる学級目標 作成マニュアル&活用アイデア (学級を最高のチームにする極意)(共著),明治図書出版,
(10)  平成27年 01月: THE 教師力アップ (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
(11)  平成26年 10月: いま「クラス会議」がすごい!(共著),学陽書房,
(12)  平成26年 07月: THE チームビルディング (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
(13)  平成26年 07月: THE 協同学習 (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
(14)  平成26年 07月: 学び続ける教師になるためのガイドブック 自ら学ぶ学級・学校づくり編 ~上越教育大学流 教師力アップの極意~(共著),明治図書出版,
(15)  平成26年 07月: 学び続ける教師になるためのガイドブック 学力向上・授業力向上編 ~上越教育大学流 教師力アップの極意~(共著),明治図書出版,
(16)  平成26年 07月: THE 学級崩壊立て直し (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
(17)  平成26年 07月: THE ユーモア力 (「THE 教師力」シリーズ)(共著),明治図書出版,
論】(1)  平成27年 03月: 4年生児童における学びのサイクルを活用した学級集団づくりに関する事例的研究 ,上越教育大学研究紀要,34巻, pp.1-11
(2)  平成26年 07月: アドラー心理学に基づくクラス会議プログラムの開発に関する研究 学級満足度の分析から,臨床教科教育学会誌,14巻,2号, pp.1-12
業】(1)  平成27年 01月: 勇気づけの積み重ねが子どものプライドを育てる (特集 子どものプライドを育てるとは),月刊学校教育相談,
(2)  平成26年 12月: 信頼と尊敬をベースにしたマネジメントで教職員を勇気づけ、成果を出せる組織へ (特集 若手育成&学校チームづくりはアドラー心理学に学べ!),総合教育技術,
(3)  平成26年 07月: 子どもの自己肯定感を高めるために、まず教師が変わる 教師自身の自己肯定感を高めなければ子どもの自己肯定感も高まらない (総力大特集 自己肯定感を育てる 「叱る」技術「叱らない」技術) -- (「叱る」「叱らない」「まず教師が変わる」3つの視点からの提言 子どもの自己肯定感をどう育てるか?),総合教育技術,
(4)  平成26年 06月: 基本編 課題を絞って校内研修を行い結果を出せば学校が変わっていく (総力大特集 若手が伸びる! ベテランがいきいきする! 教師に「変化」を起こす「最強の校内研修」) -- (その研修、セレモニー化していませんか? 具体的ノウハウ満載! 「最強の校内研修」のつくり方),総合教育技術,
(5)  平成26年 05月: 安心感と明確なビジョンが教師のやる気を引き出す! (総力大特集 管理職の意識と行動が変われば、学校は再生する! 「学校マネジメント」組織活性化の極意) -- (キーワードは「雑談力」 現場のやる気を引き出す「学校マネジメント」),総合教育技術,
学会活動への参加状況
(1)  平成27年 01月 10日: ~ 平成27年 01月 10日: 第13回臨床教育学セミナー,
(2)  平成26年 11月 09日: ~ 平成26年 11月 09日: 日本教育心理学会第56回総会,

<社会との連携>
◎社会への寄与等
近年,学力向上に取り組む地域が学級集団づくりに力を入れる傾向がある。しかし,学級集団づくりは,学部の教員養成でシッカリ扱われていないため,その理論や方法を求める声が多くなってきている。年間、約110回の講演会、校内研修、教育委員会研修に招かれた。そのほとんどの地域、または、主催団体から数年来の依頼をいただいている。研修会が終わると受講者のアンケートが返されるが、そのほとんどが90%以上の満足度である。筆者の講座などが一定の評価を得ていると言っていいのではないだろうか。