平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

奥村 太一 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学部の教職科目については、論述式の期末試験によって成績を出した。昨年度の反省を踏まえ、項目は選択可能として解答項目数を減らした。試験終了後にホームページ上に採点基準を公開することで、成績に納得してもらえるように努めた。 

  【観点2】教育の達成状況
担当していた大学院生は小学校教諭に採用された。 

研究指導
  【観点1】学部
教育実践を相対的にとらえ、指導のねらいや効果を根拠にもとづいて論理的に述べることができるよう注意を払った。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
教育実践を相対的にとらえ、指導のねらいや効果を根拠にもとづいて論理的に述べることができるよう注意を払った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: Publication bias in meta-analysis of single-case research under a selection based on the statistical significance,上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education,35巻, pp.35-42
他】(1)  平成21年 04月 10日: ~ 平成28年 03月 31日: 研究室ホームページの運営

共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)自己評価システムを用いた教師のメンタルヘルス支援プログラムの効果検証,代表者:宮下 敏恵,(上越教育大学)

学会活動への参加状況
(1)  平成28年 01月 06日: ~ 平成28年 01月 21日: 「日本テスト学会誌」査読委員(日本テスト学会)
(2)  平成28年 01月 ~ 平成28年 02月 「Educational and Psychological Measurement」査読委員(Sage Publications)
(3)  平成27年 08月 18日: ~ 平成27年 09月 11日: 「Japanese Psychological Research」査読委員(日本心理学会)
(4)  平成27年 07月 23日: ~ 平成27年 11月 05日: 「教育実践学論集」査読委員(兵庫教育大学連合学校教育学研究科)

◎特色・強調点等

<社会との連携>
◎社会への寄与等
国際誌・国内誌含め複数の学会から査読依頼が来たことは、自身の研究成果について一定の評価を得たものであるし、研究者コミュニティーにおいて貢献は大きかったと考えている。また、教科書の編修に協力したことは、社会的な貢献が大であったと評価できる。企画した出前講座については1件開講要請があったが、授業との関係で開講することが叶わなかった。