平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

加藤 哲文 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
授業については、可能な限り、実践的な問題を取り上げ、学生の興味関心を引くように配慮を行った。特に、教育現場や心理臨床の現場で生じている課題について、具体的な事例を取り上げ、学生達の考究の機会を多く設定した。また、評価については、レポート形式を採用したが、この課題についても、学生自らの取組を評価しやすいような問題を提示し、また、学生自らの学習経過を判断できるように、取組の現状を記載する事項も設けた。 

  【観点2】教育の達成状況
学部4年生のうち1名は富山県公務員、1名は本学大学院臨床心理学コースに進学した。また大学院生は、M2の2名の現職教員が現場復帰(内1名は、兵庫教育大学連合大学院博士課程に進学した)、ストレートの2名は静岡県及び横浜市で心理職に就職した。以上のように、大学院生の2名が現職教員であったが、1名は岩手県立教育センターの教育相談・生徒指導担当指導主事として勤務している。従って、本コースにおいて指導を行ってきた、教育相談、カウンセリング、生徒指導、特別支援教育担当といった専門性の高い業務を行うようになっている。また、修了生の4名とも、2016年に臨床心理士の試験を受験することになっている。 

研究指導
  【観点1】学部
大学院生4名の修士論文は、2名が学校現場に入って、そこでの臨床指導を実践し、その効果を明らかにするものであった。そのために、知識のみならず、実際の発達障害のある児童生徒などの指導方法の習得のために心理教育相談室での実習を活用しながら実践指導を行った。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
ゼミでの知識と理論の習得、及び内外の研究論文から、研究方法についての考察を深めるための指導、そして臨床や指導の実践に関する研究指導を行った。大学院生は、現職教員が2名、ストレートが2名であった。現職教員は、2016年に臨床心理士の試験を受験することになっている。また現職教員の内1名は兵庫教育大学連合大学院博士課程に進学し、またもう1名は岩手県教育センターに勤務し、教育相談及び生徒指導担当の指導主事として勤務している。ストレートの学生は、いずれも、臨床心理士の専門性を生かせる職(療育機関の心理士など)に就いている。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: 定時制高等学校における行動コンサルテーションの実践を通した教師の介入厳密性を高める支援の検討,行動分析学研究,30巻,2号, pp.145-156
(2)  平成28年 03月: 行動問題の機能的アセスメントに関する教師研修プログラムの現状と課題ー主として介入整合性(treatment integrity)の観点からー,上越教育大学心理教育相談研究,15巻, pp.35-46
(3)  平成28年 03月: 十日町市における療育体制構築の取組ー地域に根ざした療育体制の構築を目指して,上越教育大学心理教育相談研究,15巻, pp.1-12
(4)  平成27年 05月: 感情表現レパートリー拡大に及ぼす表情画課題指導の効果ー通常学級における個別のニーズのある児童を対象にー,LD研究,24巻,2号, pp.254-263

学会活動への参加状況
(1)  平成28年 03月 30日: ~ 平成28年 04月 02日: 国際行動医学会第37回大会(アメリカ・ワシントンDC)
(2)  平成27年 09月 26日: ~ 平成27年 09月 29日: 国際行動分析学会第8回国際カンファレンス(京都)
(3)  平成27年 05月 21日: ~ 平成27年 05月 26日: 国際行動分析学会第41回大会(アメリカ・サンアントニオ)
(4)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 社会福祉法人りとるらいふ(社会福祉法人りとるらいふ)


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成28年 03月 28日: ~ 平成28年 03月 28日: 糸魚川市いじめ対策第三者委員会(糸魚川市教育委員会)
(2)  平成28年 01月 04日: ~ 平成28年 01月 04日: 上越市教育センターカウンセリング研修会(上越市教育センター)
(3)  平成27年 12月 17日: ~ 平成27年 12月 17日: 三条市教育センター特別支援教育研修会(三条市教育委員会)
(4)  平成27年 11月 18日: ~ 平成27年 11月 18日: 新潟県社会福祉協会知的障害全体研究会(新潟県社会福祉協会)
(5)  平成27年 10月 26日: ~ 平成27年 10月 26日: 社会福祉法人新潟市太陽の村職員研修会(社会福祉法人太陽の村)
(6)  平成27年 08月 31日: ~ 平成27年 08月 31日: 新潟県立はまなす特別支援学校コーディネーター養成研修会(新潟県立はまなす特別支援学校)
(7)  平成27年 08月 12日: ~ 平成27年 08月 12日: 埼玉県さいたま市特別支援教育研修会(さいたま市教育委員会)
(8)  平成27年 08月 11日: ~ 平成27年 08月 11日: 埼玉県立春日部特別支援学校コーディネーター養成研修会(埼玉県立春日部特別支援学校)
(9)  平成27年 08月 06日: ~ 平成27年 08月 06日: 新潟県立新潟盲学校研修会(新潟県立新潟盲学校)
(10)  平成27年 08月 03日: ~ 平成27年 08月 03日: 埼玉県立草加かがやき特別支援学校研修会(埼玉県立草加かがやき特別支援学校)
(11)  平成27年 07月 27日: ~ 平成27年 07月 27日: 長岡市教育委員会介助員指導研修会(長岡市教育委員会)
(12)  平成27年 06月 26日: ~ 平成27年 06月 26日: 上越市特別支援教育研修会(上越市教育委員会)
(13)  平成27年 06月 20日: ~ 平成27年 06月 20日: 長野県立安曇野養護学校特別支援教育研修会(長野県立安曇野養護学校)
(14)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県発達障害者支援体制整備検討委員(新潟県福祉部)
(15)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県教育委員会特別支援教育総合推進事業検討委員会(新潟県教育委員会)
(16)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市巡回相談全体会(上越市教育委員会)
(17)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市就学支援委員会(上越市教育委員会)
(18)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 春日部市通級指導教室判断会議(春日部市教育委員会)
(19)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市こども発達支援センター(上越市役所)
(20)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 十日町市子ども発達支援センター(十日町市福祉部)
(21)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県学校派遣カウンセラー(新潟県教育委員会)
(22)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 柏崎市教育センター(柏崎市教育委員会)
(23)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市教育委員会通級指導教室判断部会(上越市教育委員会)
(24)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 国立病院機構さいがた医療センター倫理審査会(国立病院機構さいがた医療センター)

◎社会への寄与等
学校、保育園、療育機関と中心に、主として、発達障害のある幼児、児童生徒への支援や指導方法に関する指導助言を行ってきた。これらは、現在、学校や保育現場において喫緊の課題であり、現場の教師や保育士等が困っている問題である。これらのニーズに対して、主として、応用行動分析学による支援の方法論を提供することで、現場ではたいへん好評価を得た。