平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

笠原 芳隆 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
①  講義形式の授業においては,必要に応じて具体的な実践資料等を紙媒体で配布の上,それらから重要事項を整理し,板書して学生各自にノートを作成してもらうスタイルで授業を進めた。ただパワーポイントの資料を見ながら説明を聞くのではなく,自分で授業内容の重要事項を書き留めていくことで,学習が深まるのではないかと考えている。さらに講義形式の授業では,特別支援学校での実践の様子をビデオ等の視覚情報で確認するとともに,ティームティーチングを想定した個別の指導計画や自立活動学習指導案作成の演習,動作法等指導技法の実習等ALもできる限り取り入れた。 ②  研究法演習等の授業では,実際の面接調査等を想定し,小学校や特別支援学校の研究会に参加しての授業参観や研究成果の聴講,担当者との質疑応答を取り入れるなどの工夫をした。また,調査結果をまとめ,その成果を日本特殊教育学会で発表するところまで経験できるようにした。 ③  例年通り授業内容の区切りごとに,受講者から「疑問・感想カード」を記述してもらい,授業内容の理解の状況や説明が足りなかった点についてチェックし,受講者全体に追加説明する必要があるものについては,次の授業で説明するように心がけた。 ④  評価についてはできるだけ評価規準・基準を設けて得点化し,可能な限り公平に評定できるよう配慮した。実習授業については,グループ活動による指導計画作成への参加状況等授業中の意欲・関心・態度等も加味した。 ⑤  FD委員会による授業公開に応じた。 

  【観点2】教育の達成状況
ほとんどの修了生が特別支援学校や小学校で教員として活躍しており,修了後は校内で研究主任等を担当したり,指導主事として教員育成の役割を担ったりしている。特別支援教育のかなめである,個別の指導計画作成・活用や自立活動の指導の在り方などを,講義だけでなく,演習や実習,現場訪問などを通して実践的に学んだことが,自身の実践にも生かされているのではないかと推察する。 

研究指導
  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
今年度も私自身が運営に携わっている肢体不自由本人活動(ナディアの会の活動)への参加や訪問指導を行っている特別支援学校等への同行を勧め,特別支援学校卒業後の青年たちや在校生と直接かかわる中で,卒業後の生活を見すえたキャリア教育や移行支援,自立活動の指導等に関する研究を深められるようにした。 また,同じくゼミ生に対し,私自身が全国及び上越地域の研究者や現職教員と運営している教育や療育の研究組織(自立活動研究ネットワーク,自立活動を学び合う会,上越心理リハビリテイション研究会)の活動への参加も促し,現職教員等から直接,特別支援教育の成果や課題等研究に関連する情報を収集できるようにした。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 12月: 自立活動を中心とした個別の指導計画に関する研究動向,特殊教育学研究,53巻,4号, pp.297-306
発】(1)  平成27年 09月 19日: A県特別支援学校におけるキャリア教育に関する学校体制と教師のとらえ,日本特殊教育学会第53回大会

共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)小学校との交流及び共同学習を推進する授業づくりを基礎にした特別支援学校の教育課程に関する実践研究,代表者:河合 康,(上越教育大学特別支援教育実践研究センター)
(2)子どもの主体性を育む授業づくり,代表者:五味川 園子,(新潟県立はまぐみ特別支援学校)
(3)特別支援学校のセンター的機能と小・中学校通常の学級における各教科等の授業づくり,代表者:安藤 隆男,(筑波大学)
(4)病弱特別支援学校の自立活動における課題抽出,代表者:菊池 亜弥子,(新潟県立柏崎特別支援学校)
(5)特別な支援が必要な子どもの教科指導推進のための教員養成プログラム 検討に関する基礎的研究 ,代表者:笠原 芳隆,(上越教育大学)

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 11月 13日: ~ 平成27年 11月 15日: 2015年日本リハビリテイション心理学会学術大会
(2)  平成27年 09月 19日: ~ 平成27年 09月 20日: 日本特殊教育学会第53回大会

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成28年 02月 21日: ~ 平成28年 02月 21日: 全国自立活動研究会設立委員会(委員・アドバイザー)
(2)  平成27年 11月 08日: ~ 平成27年 11月 08日: 新潟工科大学教員免許更新講習「特別支援教育の基礎」(講師)
(3)  平成27年 10月 20日: ~ 平成27年 10月 29日: 新潟県立はまぐみ特別支援学校校内研修会(講師)
(4)  平成27年 09月 15日: ~ 平成27年 09月 15日: 南魚沼市立総合支援学校校内研修会(講師)
(5)  平成27年 08月 18日: ~ 平成27年 08月 18日: 第16回自立活動研究フォーラム(運営)
(6)  平成27年 08月 10日: ~ 平成27年 08月 11日: 新潟県教育職員免許法認定講習【肢体不自由の心理と教育】(講師)
(7)  平成27年 08月 05日: ~ 平成28年 03月 10日: 新潟県立柏崎特別支援学校校内研修会(講師)
(8)  平成27年 07月 28日: ~ 平成27年 11月 06日: 妙高市立にしき特別支援学校(指導・助言者)
(9)  平成27年 06月 30日: ~ 平成27年 10月 28日: 福島県立会津養護学校校内研修会(講師)
(10)  平成27年 05月 29日: ~ 平成27年 05月 29日: 富山総合支援学校校内研修会(講師)
(11)  平成27年 05月 ~ 平成28年 03月 自立活動を学ぶ会(アドバイザー)
(12)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 肢体不自由青年本人活動の会「ナディアの会」(運営委員)
(13)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 NPO法人スキップ(副理事長)(居宅介護支援等実施事業所)
(14)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 NPO法人おりづる(理事)(就労移行支援等実施事業所)
(15)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 上越市自立支援協議会(会長)
(16)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 上越市基幹相談支援センター(代表理事)
(17)  平成27年 04月 ~ 平成27年 09月 上越保健医療福祉専門学校(非常勤講師)
(18)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 新潟県立上越特別支援学校(非常勤講師)
(19)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 上越動作法訓練会(スーパーバイザー)
(20)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 柏崎市早期療育事業「たんぽぽプレー教室」(指導・助言者)
(21)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 上越教育大学出前講座(講師)
(22)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 県立看護大学倫理審査委員会(委員)

◎社会への寄与等
特別支援教育携わる教員や療育担当者等に対し,研究フォーラムや認定講習,出前講座,校内研修会,教育・療育場面での指導・助言等を通して,病弱児や肢体不自由児等が抱えている障害による困難への対応の方法,自立活動の個別の指導計画や教育支援計画の作成・活用のあり方等について自立活動の観点から伝えた。これらを通して地域の特別支援教育・療育担当者の専門性向上の一翼を担えたものと考えている。また,特別支援教育に関するノウハウを生かし,上越市の自立支援協議会会長や上越市基幹相談支援センター代表理事等として教育と福祉の連携についても貢献したと考えている。