平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

小林 優子 (講師)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
 学部学生については、特別支援教育に関する予備知識がほとんどない状態であることが多いため、特別支援教育基礎という講義を通し、特別なニーズが必要な児童・生徒の実態や指導法などについて簡潔に説明するよう心がけている。大学院生についても、学部の頃に他領域を専攻してた学生が多いため、学部生と同様に、関心が向きやすいよう具体的な事例の紹介や実態把握の方法を実習を通して示すなどの工夫をしている。  また、知識の定着を図ることも目的として、講義の節目にミニテストを実施し、曖昧な状態で覚えてしまっている知識を修正・確認させることに重点を置いている。様々な試験やレポートを通して多角的な視点で捉えられるように成績評価に取り組んでいる。 

  【観点2】教育の達成状況
当コースの修了生は多数が都道府県の小中学校および特別支援学校の教員となっており、在学中に履修した講義や実習を通して獲得した知識や経験に基づいていると思われる。多様な状態像の児童生徒に接する機会を在学中に設けたことが、教員になってから改めて活かされている。 

研究指導
  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
修士論文を作成するため、早期から研究についての計画や実施方法、倫理的配慮について検討し、複数の教員・学生との意見交換をゼミにおいて実施した。また、指導学生が実践的な指導法に関する研究を行っていたため、常に対象児への指導の際には同席し、指導内容に関するフィードバックを細かく行うよう心がけた。論文執筆についても11月から部分的に内容の検討を行い、データの客観性や説明のわかりやすさに留意するよう指導した。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 09月: 聴覚障害者の環境音認知に影響を及ぼす要因に関する研究 : 聴力レベルと環境音の音響特性に注目して,聴覚言語障害,44巻,1・2号, pp.51-60
発】(1)  平成27年 09月 24日: 健聴者における足音の同定に関する研究―聴覚障害 者への実施に向けた基礎的検討― ,日本心理学会第79回大会
(2)  平成27年 09月 20日: 聴覚障害者の環境音認知に関する研究 足音のカテゴリー知覚に着目して ,日本特殊教育学会第53回大会
(3)  平成27年 09月 20日: 発達障害を併せ有する聴覚障害児の格助詞の指導(2),日本特殊教育学会第53回大会
(4)  平成27年 09月 20日: 発達障害を併せ有する聴覚障害児の格助詞の指導(1),日本特殊教育学会第53回大会

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 09月 22日: ~ 平成27年 09月 24日: 日本心理学会第79回大会
(2)  平成27年 08月 26日: ~ 平成27年 08月 28日: 第57回日本教育心理学会総会


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成28年 02月 12日: ~ 平成28年 02月 12日: 新潟聾学校職員研修会講師(新潟聾学校)
(2)  平成27年 09月 07日: ~ 平成28年 02月 02日: 糸魚川市5歳児発達相談会講師(糸魚川市教育委員会)
(3)  平成27年 08月 18日: ~ 平成27年 08月 18日: 上越教育大学免許状更新講習講師(上越教育大学)
(4)  平成27年 08月 05日: ~ 平成27年 08月 06日: 新潟県免許法認定講習講師(新潟県教育委員会)
(5)  平成27年 07月 30日: ~ 平成27年 07月 30日: 南魚沼特別支援教育基礎研修講師(南魚沼総合支援学校)
(6)  平成27年 07月 28日: ~ 平成27年 07月 29日: 富山県免許法認定講習講師(富山県教育委員会)
(7)  平成27年 07月 02日: ~ 平成27年 10月 22日: 糸魚川市めだか園研修会講師(糸魚川市教育委員会)
(8)  平成27年 05月 ~ 平成28年 03月 31日: 川口市立医療センター非常勤職員(川口市立医療センター)
(9)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 31日: 地域貢献事業「上越地域難聴幼児支援事業」共同実施者(上越教育大学)