平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

小埜 裕二 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
担当全授業において具体的なシラバスを作成し、ほぼシラバスどおりに授業を行った。成績評価についても、シラバス及び授業初回時に示した方針に基づき行った。教員養成を目的とする本学の学生に、小・中・高等学校の国語を担当する上での十分な能力・技能を身につけてもらうことを念頭におき、授業を展開した。また、読書に対する興味・関心を抱き、学校現場で児童・生徒に豊かな読書生活の習慣を授けることのできる力を身につけてもらうことにも配慮した。 

  【観点2】教育の達成状況
学部の授業では系統性に配慮したカリキュラムを組み、教員養成大学に相応しい文学テクストの基礎的な読解技能が段階を追ってマスターできるよう工夫し、成果を挙げた。大学院の授業ではテクスト読解のための専門的技能を身につけることが出来るよう様々なアプローチの方法を提示した。授業及び各種セミナーを通じて、文学研究に関するテクスト理論の実践化に力を注ぎ、一定の成果を挙げたと考える。卒業生4名は2名が教員となり、2名が大学院に進学した。修了生2名は1名が教員となり、1名が社会人となった。 

研究指導
  【観点1】学部
学部学生には小・中・高等学校における国語の実践的能力を修得させるため、文学作品の解釈を中心とした共同討議を課外活動として毎週(金曜4限)行った。これは、担当の学生が毎回、資料を作成し、それに基づき、話す・聞くの活動を重視して展開したものである。この討議には大学院学生にも参加してもらい、学部学生への指導を通じ、より高度な読みの実践力と指導力を身につけてもらうことを図った。また学部・大学院学生連携の国文学実地踏査研究を3月に行った。行き先は石川県金沢。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
上記の課外活動に大学院生に加わってもらい、その場を通じて、より高度な読みの実践力を身につけてもらうよう指導を行った。さらに大学院学生には、個々の研究テーマに即した個別指導を毎週定期的に行った。修士論文指導を直接行った学生は、M1が3名、M2が5名である。個別指導は定期的な研究セミナー以外に、不定期に多くの時間を費やして行った。 

その他の教育活動


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: 小川未明の雲,小川未明文学館紀要,1巻
業】(1)  平成28年 03月: 小川未明郷土小説名作選(単著),永田印刷出版部
(2)  平成27年 07月: 新選小川未明秀作随想70 ふるさとの記憶(単著),蒼丘書林
発】(1)  平成27年 11月 14日: ☆小川未明随想・小説における郷土,金沢近代文芸研究会
(2)  平成27年 11月 08日: ☆小川未明フォーラム パネリスト,小川未明文学館開館10周年記念 小川未明フォーラム
(3)  平成27年 08月 01日: 小川未明の随想における〈郷土〉,日本近代文学会 新潟支部例会研究発表会
(4)  平成27年 04月 25日: ☆小川未明文学における〈郷土〉,第31回 民族藝術学会大会
他】(1)  平成27年 10月 : 新潟偉人伝 小川未明,BSN新潟放送
(2)  平成27年 09月 : 黒柳徹子のコドモノクニ 日本のアンデルセン・小川未明,BS朝日放送
(3)  平成27年 09月 : 出版物の紹介(にいがたの一冊),新潟日報
(4)  平成27年 08月 : 出版物の紹介,上越タイムス

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 08月 01日: ~ 平成27年 08月 01日: 日本近代文学会新潟支部会
(2)  平成27年 04月 15日: ~ 平成27年 04月 15日: 民族藝術学会

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 11月 23日: ~ 平成27年 11月 23日: 見附市文化講演会 小川未明(見附市)
(2)  平成27年 10月 10日: ~ 平成27年 10月 10日: 新潟偉人伝 小川未明(BSN新潟放送局)
(3)  平成27年 09月 09日: ~ 平成27年 09月 09日: 黒柳徹子のコドモノクニ 日本のアンデルセン・小川未明(BS朝日)
(4)  平成27年 08月 ~ 平成27年 08月 教員免許状更新講習講師(上越教育大学)(上越教育大学)
(5)  平成27年 07月 01日: ~ 平成27年 11月 31日: 上越タイムス「我がまち上越」作文選考委員(上越タイムス)
(6)  平成27年 12月 06日: ~ 平成27年 12月 06日: 小川未明文学館講座講師(上越市小川未明文学館)(上越市)
(7)  平成27年 09月 ~ 平成27年 10月 「前島密とふれあう」ふれあいハガキコンテスト選考委員(上越商工会議所)
(8)  平成27年 08月 ~ 平成27年 11月 「骨髄バンクにまつわる命の作文コンクール」審査委員(特定非営利活動法人骨髄バンクサポート新潟)(新潟骨髄バンクサポートセンター)

◎社会への寄与等
上越市及びその近隣の市を中心に、いくつかの講座の講師を務めるとともに、研究領域にかかわる審査員等を務めた。絵手紙コンテスト審査委員,骨髄バンクの作文コンクール委員、小川未明顕彰委員会副委員長,等。市民の多く参加する小川未明研究会を主宰し、小川未明に関する著書を多数刊行した。BS朝日等にTV出演し、小川未明・地域・本学の名を周知した。