平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

髙橋 等 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
受講者数が50名以下の場合は,小集団学習や討議という授業形態を取り入れ,アクティブ・ラーニングの実践につとめた。実際に,学生や院生は,小集団学習や討議という形態になれてくると,積極的に授業に参加した。受講者数が50名を上回り,かつ,授業で扱う内容が多い場合にも,15回の授業中2回は,小集団における討議を実践した。 

  【観点2】教育の達成状況
卒論・修論を担当した学生の就職状況はよい。 

研究指導
  【観点1】学部
実践的な書籍を講読し,授業づくりの留意点を話し合うなどした。また,附属小のでのデータ収集の補助をお願いし,子どもの活動を見とる練習を行った。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
海外での実践に関する文献を講読し,その視点をもとに,附属小でデータを収集し,子どもの活動を分析した。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
著】(1)  平成27年 10月: 算数数学科教育(共著),一藝社
論】(1)  平成27年 12月: 或る小学生のもつ算数に関するアイデンティティ―情意的要素を中心としたアイデンティティの連関性と学習観の転換―,日本数学教育学会誌 算数教育,Journal of Japan Society of Mathematical Education Arithmetic Esucation,97巻,12号, pp.4-15

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 11月 07日: ~ 平成27年 11月 08日: 日本数学教育学会第48回秋期研究大会
(2)  平成27年 08月 06日: ~ 平成27年 08月 07日: 日本数学教育学会第97回全国算数・数学教育研究(鳥取)大会
(3)  平成27年 06月 28日: ~ 平成27年 06月 28日: 日本数学教育学会第3回春期研究大会
(4)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 日本数学教育学会数学教育編集部幹事(日本数学教育学会)

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成28年 02月 20日: ~ 平成28年 02月 20日: 尚数会指導助言(尚数会)
(2)  平成28年 01月 09日: ~ 平成28年 01月 09日: 上越数学教育研究会指導助言(上越数学教育研究会)
(3)  平成27年 10月 20日: ~ 平成27年 11月 30日: 教育実践研究査読者(上越教育大学学校教育実践研究センター)
(4)  平成27年 08月 11日: ~ 平成27年 08月 11日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)
(5)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: Σ会(上越地域の算数数学を専門とする教員による研修会)(Σ会)

◎社会への寄与等
地域,学会における社会的貢献を,特に,学校教員と関わることによって,実践してきた。また,様々な雑務に奉仕している。