平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

定本 嘉郎 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
物理学に関する授業において,一部アクティブ・ラーニングを使った授業を行った。成績評価はシラバスに記載の通りである。 

  【観点2】教育の達成状況
アクティブ・ラーニングに関して,物理学の基礎のある学生には向いているが,基礎のない学生には向いていない。 

研究指導
  【観点1】学部
それぞれの学部学生が強い興味を抱いている次の物理教材の開発と授業実践に関する指導を行った。 1)電磁誘導に関する研究。 2)位置エネルギーに関する研究。 3)音に関する研究。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
それぞれの大学院生が強い興味を抱いている次の物理教材の開発と授業実践に関する指導を行った。 1)圧力教材に関する研究。 2)電流・電圧教材に関する研究。 3)MIF誤概念に関する研究。 

その他の教育活動

<研究活動>
研究成果の発表状況
他】(1)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 真空館(上越教育大学)

共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)浮力に関する研究,代表者:定本嘉郎,(上越教育大学)


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)

◎社会への寄与等
新規に開発した実験教材を新潟県や長野県の公立学校で授業実践し,教育現場へフィードバックさせる活動をしている。