平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

阿部 亮太郎 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
単なる知識、技能の達成度だけを見るのではなく、意欲や動機が、どのように試行錯誤や、結果に結びつくかを重視した。 

  【観点2】教育の達成状況
臨時採用ではあるが教員として現場に立ち、授業研究会に出席するなど、実践場面を重視した学びを続けている。 

研究指導
  【観点1】学部
同上 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
日本語で表現された整合性だけでなく、実際の場面の体験に即した判断ができているかも重視した。 

<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成27年 10月 23日: 学校の音楽と、「どんな共同体を目指すか」ということ,日本教育大学協会音楽部門北陸地区会
(2)  平成27年 06月 20日: 教員養成大学での、学生の音楽劇創作の題材に向かう姿勢の問題点,日本音楽表現学会美ら海大会

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 06月 20日: ~ 平成27年 06月 21日: 日本音楽表現学会美ら海大会

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成28年 03月 26日: ~ 平成28年 03月 26日: 上越教育大学×上越文化会館コラボ企画 『春の特別音楽講座』 (上越文化会館)
(2)  平成27年 08月 05日: ~ 平成27年 08月 05日: 教員免許状更新講習(文部科学省)