平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

上野 正人 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
実技が主たる形態である担当の授業においては、個人レッスンの形態で授業を行った。その中では、各個人の力量に応じた課題を課し,自らの成長を通して指導法を学ぶことが出来るよう取り組んだ。また、評価においては、実技試験を課すとともに各個人の成長の度合いや取り組み状況を勘案し評価した。 

  【観点2】教育の達成状況
2015年度は、修了生2名、卒業生1名であった。修了生のうち1名は東京都の私立校に、1名は大阪市の教員採用試験にそれぞれ合格するなど、修士課程での研究が大きく花開いていると感じている。また、卒業生は、本学大学院に進学し、さらに研究を深めているなど、指導が各人の成長に大きく寄与していると感じている。 

研究指導
  【観点1】学部
通常の個人レッスンで学んだ演奏の能力を、実際の指導の場での指導に生かせるよう、年2回開催の研究演奏発表会を行ったいる。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
学部と同様に、年2回の研究演奏発表会を行うことで、自らの成長の過程を通して実際の指導に生かせるよう指導を行っている。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
作】(1)  平成28年 01月: ~ 平成28年 01月: J.S.バッハ《マニフィカート》《カンタータ29番》《カンタータ46番》バリトン独唱,富山県民会館大ホール
(2)  平成27年 11月: ~ 平成27年 11月: 高田木曜会合唱団 第62回定期演奏会 指揮,リージョンプラザ上越コンサートホール
(3)  平成27年 10月: ~ 平成27年 10月: フレンドシップコンサート けやきの森ジュニア&ユース合唱団 指揮,柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール
(4)  平成27年 10月: ~ 平成27年 10月: 2015年新潟県音楽コンクール第50回記念 記念コンサート,新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあコンサートホール
業】(1)  平成28年 03月: 教科内容構成 歌唱領域,教科内容構成特論「音楽」
発】(1)  平成27年 05月 16日: 創作音楽劇活動にみる音楽科の可能性〜上越教育大学学部4年次生卒業公演の実践報告〜,日本教育大学協会全国音楽部門大学部会第2分科会

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 08月 05日: ~ 平成27年 08月 05日: 教員免許状更新講習(上越教育大学)
(2)  平成27年 08月 04日: ~ 平成27年 08月 04日: NHK学校音楽コンクール中越地区大会審査委員(NHK,中越音楽教育研究会)
(3)  平成27年 08月 22日: ~ 平成27年 11月 14日: バッハアンサンブル富山指導(バッハアンサンブル富山)
(4)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 高田木曜会合唱団での指導(高田木曜会合唱団)
(5)  平成27年 04月 ~ 平成28年 03月 新潟県音楽コンクール審査員(新潟日報社、その他)

◎社会への寄与等
合唱を含む歌唱を中心とした活動は、社会教育の一環としての生涯学習にきわめて有効であり、また大きなニーズを持っている。専門家としてこの分野に関わることは、そのニーズに応えることにつながり、また、研究の成果を地域に還元することで、地域の音楽教育、芸術文化向上へ大きく寄与することにつながっている。また、研究室に所属する院生や学部学生の参加することによって、学内では学ぶことのできない社会教育としての音楽を経験する大きな機会となっている。