平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

髙石 次郎 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
授業中に作った作品の出来上がりではなく,制作中に思考することが大切で,それを評価している。そのために,制作中の様々な出来事についてその意味を言語化させ,それに対して解説するようにしている。  

  【観点2】教育の達成状況
[観点1]で述べた取り組みを,受講生全員がその場で理解することは難しい。しかし,疑問として残ったことが,教育現場に出たときに理解へと向かい反映している。  

研究指導
  【観点1】学部
美術や工芸の制作を伴う研究と学校教育での子どもの学びとの間にある共通点を身体的に理解すること,つまり教育の中の美術とは何かを理解することを目標にしている。  

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
[観点1]で述べたことに加え,自分自身の制作や関心事を研究の中心にテーマとして据え,作ることや考えることなどの美術における抽象的なことを言語化することによってより深い理解へと向かうことを行っている。  

その他の教育活動

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: 表現者と共にいるということ-生きづらさを抱える人の芸術表現に関する実践的研究,教育実践学論集,17号
作】(1)  平成27年 11月: ~ 平成28年 01月: マニセス国際陶芸展(スペイン)入選,マニセス(スペイン)
(2)  平成27年 11月: ~ 平成27年 11月: 2015アジア現代陶芸交流展,中国
(3)  平成27年 04月: ~ 平成27年 05月: 個展(ギャラリーmu-an),ギャラリーmu-an(長岡市)
発】(1)  平成28年 02月 つくることに内在される関係性の再認識に向けて―陶芸制作ー,第3回国際交流展・研究発表大会

国際研究プロジェクトへの参加状況
(1)作品出品(ゼミ生及びOBOGも参加),代表者:高石次郎,(上越教育大学)
(2)国際交流作品展を軸とした本学の美術教育研究の発信と相互交流,代表者:髙石 次郎,(髙石次郎 上越教育大学)

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 09月 20日: ~ 平成27年 09月 21日: 第54回大学美術教育学会・横浜大会

外国における研究の状況
(1)  平成27年 11月 ~ 平成28年 01月 スペイン マニセス国際陶芸展
(2)  平成27年 11月 ~ 平成27年 12月 中国 アジア現代陶芸交流展


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成25年 10月 ~ 平成28年 03月 髙石次郎作品館「閑人館」設立・運営
(2)  平成25年 08月 ~ 平成28年 08月 教員免許状更新講習
(3)  平成25年 06月 ~ 平成27年 07月 上越教育大学公開講座「はじめての陶芸」
(4)  平成25年 04月 ~ 平成28年 03月 上越市展運営委員
(5)  平成26年 10月 ~ 平成28年 10月 妙高市美術展審査委員
(6)  平成25年 10月 ~ 平成28年 10月 上越市「ふれあいハガキ」審査委員
(7)  平成25年 04月 ~ 平成28年 03月 新潟日報社カルチャースクール「陶芸」