平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

周東 和好 (教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
体育教育における「理論と実践の統合的理解」の必要性を鑑み,理論の実践的理解および実践の理論的理解を促すよう配慮した。関連する授業を有機的に結びつけて理解できるように,時間割の配当および授業内容を計画した。講義と演習あるいは実技とを2時限続きで配当し,実践した内容に基づき理論的理解を促したり,理論を学んだ上でそれを実践的に確認させたりすることである。シラバスでも2つの講義内容が有機的に結びつくように計画した。また,本学ポータルサイトに構築したWeb教材を活用し,体育実技授業に反転授業の手法を取り入れ,学生の理解度の向上を試みた。 レポート課題を早い時期に周知し、十分な時間をもって取り組めるように配慮した。成績評価については授業中の取り組み状況や理解度,レポート提出の状況等に基づいて算出した。 

  【観点2】教育の達成状況
概ね計画通りに授業を実施できた。指導法の授業では模擬授業を取り入れ、その後、授業研究会形式で議論することを通して、教育実践能力の涵養を図った。受講生のレポートからは、現場で必要とされる反省的実践家としての資質の向上が見られた。また、このことは初等および中等教育実習においても活かされたことが実習中の授業参観や実習後の授業案等の資料からも確認できた。さらに,反転授業の試みからは,最終レポートの記述内容やアンケートから学生の学びに深まりが確認され,その後の講義や卒業後においてWeb教材を活用するという発展的可能性が確認された。 

研究指導
  【観点1】学部
本年度の学部生の所属はなかった。他の研究室に所属する学生の卒業論文に関わる内容で質問や助言を求められ、体育科教育およびスポーツ運動学の臨床的立場から応答した。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
より高度な臨床的な実践力を修得させるために、通常のゼミ、運動実習、ゼミ合宿等を実施し、体育教育をめぐる実践的な諸問題を抽出し、それらについて多面的に捉える視点の涵養を図ると同時に、運動問題について人間学的運動学の立場から解決する能力を育むために対話による議論を積極的に行った。新潟県体育学会における研究発表(3件)ならびに論文投稿(2件)の指導を通して、研究成果を公表し、研鑽を積ませることができた。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: 跳び箱運動「かかえ込み跳び」の学習における 「うさぎ跳び」の有効性について,新潟体育学研究,34号, pp.33-38
(2)  平成28年 03月: 「教育の情報化」に対応する教員養成における情報リテラシー教育の課題,The Proceedings of the Sixth JAPAN-CHINA Teacher Education Conference, pp.23-36
(3)  平成28年 03月: 運動感覚に着目した「投げる」動きの指導に関する実践的考察-小学生女児の事例に基づいて-,新潟体育学研究,34号, pp.51-56
(4)  平成28年 03月: 反転授業の方法を取り入れた教員研修の実践-体育実技研修での Web教材活用の可能性-,The Proceedings of the Sixth JAPAN-CHINA Teacher Education Conference, pp.11-20
(5)  平成27年 12月: 模擬授業における省察内容の変化の様相に関する考察,The Proceedings of the Fifth SINO-JAPAN Teacher Education Conference, pp.313-325
(6)  平成27年 11月: 姿勢を意識し改善しようとする児童の育成-姿勢教育プログラムを用いた5,6年生の取り組みを中心に-,第44回新潟県学校保健学会講演集, pp.30-33
作】(1)  平成27年 04月: ~ 平成28年 03月: 日本体操協会 男子体操競技1種審判員認定,国立スポーツ科学センター
(2)  平成27年 04月: ~ 平成28年 03月: 国際体操連盟男子体操競技審判員認定,Fédération Internationale de Gymnastique Juge,国立スポーツ科学センター
業】(1)  平成28年 03月: 保健体育科「上げろ(バレーボール)―運動観察でパスの技能を高めよう―」,2015附属中学校「実践例集」
(2)  平成27年 10月: 保健体育科,2015附属中学校研究紀要
発】(1)  平成27年 11月 21日: 姿勢を意識し改善しようとする児童の育成-姿勢教育プログラムを用いた5,6年生の取り組みを中心に-,第44回新潟県学校保健学会
(2)  平成27年 10月 18日: 吊輪における中水平支持の練習方法に関する事例的提案,新潟県体育学会平成27 年度学会大会
(3)  平成27年 10月 18日: 運動感覚に着目した「投げる」動きの指導について,新潟県体育学会平成27 年度学会大会
(4)  平成27年 10月 18日: 平均台運動における「開脚後転とび」に関する考察,新潟県体育学会平成27年度学会大会
(5)  平成27年 10月 18日: 跳び箱運動「かかえ込み跳び」の学習における「うさぎ跳び」の有効性について,新潟県体育学会平成27 年度学会大会
(6)  平成27年 10月 13日: 「教育の情報化」に対応する教員養成における情報リテラシー教育の課題,The Sixth JAPAN-CHINA Teacher Education Conference
(7)  平成27年 10月 13日: 反転授業の方法を取り入れた教員研修の実践-体育実技研修での Web教材活用の可能性-,The Sixth JAPAN-CHINA Teacher Education Conference
(8)  平成27年 08月 29日: 幼児のぶらんこ乗り運動「座りこぎ」における器具の違いによる影響について,日本幼児体育学会第11 回学会大会
他】(1)  平成28年 02月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(2)  平成27年 12月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(3)  平成27年 11月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(4)  平成27年 10月 : Who's Who in the World 2013,Marquis Who's Who
(5)  平成27年 09月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(6)  平成27年 08月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(7)  平成27年 07月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(8)  平成27年 06月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(9)  平成27年 06月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(10)  平成27年 06月 : 上越タイムス,上越タイムス社
(11)  平成27年 05月 : 上越タイムス,上越タイムス社

共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)福島市立幼稚園における運動プログラムに基づく体力向上,代表者:佐藤厚夫,(福島市教育委員会保健体育課)
(2)幼児教育に関する教員の意識と指導の実際―幼小連携を促す要因の探求―,代表者:角谷詩織,(上越教育大学大学院学校教育学系)

学会活動への参加状況
(1)  平成28年 03月 27日: ~ 平成28年 03月 28日: 第29回日本スポーツ運動学会大会
(2)  平成27年 12月 20日: ~ 平成27年 12月 20日: 日本体操競技・器械運動学会第回学会大会
(3)  平成27年 11月 21日: ~ 平成27年 11月 21日: 第44回新潟県学校保健学会
(4)  平成27年 11月 07日: ~ 平成27年 11月 08日: 第6回日中教師教育学術研究集会
(5)  平成27年 10月 18日: ~ 平成27年 10月 18日: 新潟県体育学会平成27年度学会大会
(6)  平成27年 09月 19日: ~ 平成27年 09月 20日: 日本スポーツ教育学会
(7)  平成27年 08月 29日: ~ 平成27年 08月 29日: 日本幼児体育学会第11回大会
(8)  平成27年 05月 31日: ~ 平成27年 05月 31日: 運動伝承研究会第15回総会
(9)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 日本体操競技・器械運動学会 理事(日本体操競技・器械運動学会)
(10)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県体育学会 理事(新潟県体育学会)

◎特色・強調点等

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 10月 28日: ~ 平成27年 10月 28日: 平成27年度教職員のための自主セミナー「動きの指導方法」講師(上越教育大学学校教育実践研究センター)
(2)  平成27年 10月 27日: ~ 平成27年 12月 11日: 出前講座「動きつくり・体つくり」講師(上越市立上雲寺小学校)
(3)  平成27年 05月 17日: ~ 平成27年 07月 12日: 公開講座「体操教室」(上越教育大学)
(4)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越タイムス紙「子ども運動教室」コラムニスト(上越タイムス社)
(5)  平成27年 12月 06日: ~ 平成27年 12月 06日: スポーツ少年団指導者資格講習会 講師(新潟県体育協会)
(6)  平成27年 12月 02日: ~ 平成27年 12月 02日: 前橋国際大学「初等体育実技」講師(前橋国際大学)
(7)  平成27年 11月 24日: ~ 平成27年 11月 25日: 福島市「幼児期運動プログラム」実技講習及び相談会 講師(福島市教育委員会)
(8)  平成27年 11月 18日: ~ 平成27年 11月 18日: 長岡市教育センター研修講座「器械運動における効果的な指導Ⅱ~中学校編~」(長岡市教育センター)
(9)  平成27年 10月 29日: ~ 平成27年 10月 29日: 出前講座「やわらかなからだ」講師(柏崎市立西山中学校)
(10)  平成27年 10月 24日: ~ 平成27年 10月 24日: 大間々保育園保育士研修会「幼児の動きの指導」 講師(大間々保育園)
(11)  平成27年 09月 26日: ~ 平成27年 09月 26日: 上越学校体育研究会研修会 講師(上越学校体育研究会)
(12)  平成27年 09月 21日: ~ 平成27年 09月 21日: 赤十字救急法基礎講習 講師(日本赤十字社群馬県支部)
(13)  平成27年 08月 24日: ~ 平成27年 08月 24日: 大浦小学校「体育科の指導法」講師(金沢市立大浦小学校)
(14)  平成27年 08月 07日: ~ 平成27年 08月 07日: 平成27年度上越地区小学校体育連盟連絡協議会地愛区研修会 講師(上越地区小学校体育連盟連絡協議会)
(15)  平成27年 08月 04日: ~ 平成27年 08月 04日: 上越教育大学教育職員免許状更新講習「体育の指導法1」(上越教育大学)
(16)  平成27年 07月 28日: ~ 平成27年 07月 28日: 福島地区国公立幼稚園保育指導法研究協議会 講師(福島市教育委員会)
(17)  平成27年 07月 08日: ~ 平成27年 11月 12日: 上越市学校教育研究会保健体育部小学校部会研究協議会 指導者(上越市学校教育研究会)
(18)  平成27年 06月 20日: ~ 平成27年 06月 20日: 平成27年度子供の体力つくり指導者養成講習会 講師(上越市教育委員会)
(19)  平成27年 06月 18日: ~ 平成27年 06月 18日: 長岡市教育センター研修講座「器械運動における効果的な指導Ⅰ~基礎・マット運動~」(長岡市教育センター)
(20)  平成27年 05月 09日: ~ 平成27年 05月 09日: 大間々保育園保育士研修会「幼児の動きの指導」 講師(大間々保育園)
(21)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 日本ラート協会 理事(日本ラート協会)
(22)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 新潟県体操協会 特別参与(新潟県体操協会)
(23)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越体操協会 参与(上越体操協会)
(24)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 桐生市体操協会 常任理事(桐生市体操協会)
(25)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 福島市教育委員会子どもの体力向上アドバイザー(福島市教育委員会)
(26)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 大間々保育園「幼児の運動カリキュラム」指導助言者(大間々保育園)

◎社会への寄与等
 出前講座や教員研修などの学校、園、教育機関からの講師依頼については、研究成果を学校教育に直接活かすことのできる大変よい機会であるので積極的に受けた。姿勢教育については、学校現場が抱える潜在的な問題であり、取り組みの成果が出ていると同時に、継続して取り組んでいる。 公開講座は受講定員を大きく超える申し込みがあり、定員の2倍を超える人数を受け入れた。数年間継続して受講している児童もおり、保護者へのアンケートでは「引き続き実施してほしい」との要望が多数あった。