平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

大森 康正 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
最新の中学校等における授業実践などの状況を取り入れて授業を行っている。また,教育の情報化に対応した授業形態として一部の授業においてモバイルラーニングシステムを活用した反転授業を取り入れる等行っている。 

  【観点2】教育の達成状況
指導学生等の就職状況として,ほぼ全員が教職(非常勤講師を含む)についており概ね必要な力をつけていると思われる。 

研究指導
  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
積極的に学会等の研究発行会に参加したり研究発表を行うように指導をしている。また,中学校の教育現場の意見を取り入れるように,可能な限り県内の学校等で実践的な評価を行うように指導を行った。 

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 06月: 連携教育を支援するためのユーザの検索意図に基づいた学習リソース検索システム,日本産業技術教育学会誌,日本産業技術教育学会誌,57巻,2号, pp.121-129
発】(1)  平成28年 03月 学習指導案の構造に着目したベクトル空間モデルにおける次元圧縮と情報検索の最適化,日本産業技術教育学会第31回情報分科会
(2)  平成28年 03月 初等・中等教育を対象とした体系的プログラミング教育カリキュラムの開発,日本産業技術教育学会第31回情報分科会
(3)  平成27年 11月 小中学生を対象とした自律制御型ロボット教材の開発 ~PIC向けプログラミング環境の開発~,日本産業技術教育学会第27回北陸支部大会
(4)  平成27年 11月 小中学生を対象とした自律制御型ロボット教材の開発 ~ハード面の開発及び実践計画~,日本産業技術教育学会第27回北陸支部大会
(5)  平成27年 11月 イングランドの教科コンピューティングの Computational Thinking 概念,日本産業技術教育学会第27回北陸支部大会
(6)  平成27年 11月 Coder for Raspberry Pi を用いた中高生向けプログラミング実践,日本産業技術教育学会第27回北陸支部大会
(7)  平成27年 11月 小中高校生を対象とした体系的なプログラミング教育に関する試案,日本産業技術教育学会第27回北陸支部大会
(8)  平成27年 08月 デジタルテキスト向け HTML ウィジェット開発支援システム Edu-Widget Generator for iBooks Author,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(9)  平成27年 08月 学習リソース検索システムにおける検索対象の一般化[第1報],日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(10)  平成27年 08月 中学校技術・家庭科(技術分野)を対象としたテキストマイニング手法による学習指導案中のキーワード頻出度分析,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(11)  平成27年 08月 技術分野の3年間一貫したカリキュラムデザイン支援ソフトの試用と評価,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(12)  平成27年 08月 イングランド「コンピューティング」の教育課程基準の構成原理と学校教員の継続的な専門職能開発,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(13)  平成27年 08月 3D プリンタによる「もの作り」を対象としたブレンデッド・ラーニングの試行と評価,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)
(14)  平成27年 08月 Learning Analytics のためのデジタルテキスト向け HTML ウィジェットの基本構想と試作,日本産業技術教育学会 第58回全国大会(愛媛)

共同研究(幼、小、中、高等学校及び特別支援学校教員との共同研究を含む)の実施状況
(1)プログラミング教育指導者育成プログラムに関する研究,代表者:大森康正,(上越教育大学)

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 11月 07日: ~ 平成27年 11月 07日: 日本産業技術教育学会北陸支部大会
(2)  平成27年 08月 22日: ~ 平成27年 08月 23日: 日本産業技術教育学会全国大会

<社会との連携>
◎社会への寄与等
小学生から高校生に対するプログラミング教育の講座を長野市および上越市に開講し,プログラミング教育の発展に寄与した。