平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

佐藤 ゆかり (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
教員養成系大学での初等教育・中等教育における家庭科授業力を保証することを目的として、教科の本質とアクティブ・ラーニングを鑑み、授業実施を試みた。 
成績評価に関しては、初回講義時に、学生に対してあらかじめ授業における目標及び成績評価基準を明示し、成績評価を実施した。目標及び成績評価基準の設定に関しては、上越教育大学スタンダードを鑑み行った。 

  【観点2】教育の達成状況
本研究室はほぼ全員が教員を志望している。該当年度は、教員派遣制度による現職教員1名と長期履修制度による現職教員1名が無事修了した。また、学部2名の卒業生は小学校現場に、大学院2名の修了生は中学校現場に進んだ。 
 

研究指導
  【観点1】学部
教育に関わり臨床的な実践力を習得させるために、学校教育における家庭科について多面的に捉えることができる研究指導を行った。 

  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
より高度な臨床的な実践力を習得させることを意図して、実際の学校現場が直面する問題と関連付けた研修指導を行った。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成27年 09月: 中学校技術・家庭科における教育予算の制度と課題−産業教育振興法から教材基準への移行に注目して−,日本家政学会誌,66巻,9号, pp.445-456
発】(1)  平成27年 08月 03日: A Study of Home Economics Education Programs in Japan:ESD Prespectives on Regional Life Challenges and Culture,Asian Regional Association for Home Economics(ARAHE), The 18th Biennial International Congress 2015
(2)  平成27年 08月 03日: Problems with University Home Economics Education in Japan: Based on Student Survey in Teacher-training Course of Joetsu University of Education,Asian Regional Association for Home Economics(ARAHE), The 18th Biennial International Congress 2015
(3)  平成27年 06月 27日: 学生の「教科内容」の理解と「授業の実際」の検討,日本家庭科教育学会第58回大会
(4)  平成27年 05月 23日: 中学校技術・家庭科担当教員の授業観から見た家庭科教員養成の課題,日本家政学会第67回大会

学会活動への参加状況
(1)  平成28年 03月 26日: ~ 平成28年 03月 26日: 日本家庭科教育学会2015年度セミナー
(2)  平成27年 12月 20日: ~ 平成27年 12月 20日: 第3回生活科学系コンソーシアム「これからのくらしに家政学の果たす役割」
(3)  平成27年 12月 12日: ~ 平成27年 12月 12日: 日本家庭科教育学会2016年度例会
(4)  平成27年 09月 19日: ~ 平成27年 09月 20日: 日本教師教育学会第25回大会
(5)  平成27年 08月 03日: ~ 平成27年 08月 07日: アジア家政学会第27回大会
(6)  平成27年 07月 10日: ~ 平成27年 07月 10日: 日本教師学学会夏季研究会
(7)  平成27年 07月 04日: ~ 平成27年 07月 05日: 日本カリキュラム学会第26回大会
(8)  平成27年 06月 25日: ~ 平成27年 06月 26日: 日本家庭科教育学会第58回大会
(9)  平成27年 05月 23日: ~ 平成27年 05月 24日: 日本家政学会第67回大会

◎特色・強調点等
  • 当該年度は地域に根ざした家庭科教育及び家庭科教科内容の理解と家庭科教員の質保証をキーワードとして研究等を行った。たとえば、家庭科指導の充実を志向し て、毎年行っている現職教員と学生が共に学ぶ場としてのワークショップは8回目であり、「豪雪と暮らしを考える家庭科」を実施した。

<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越教育大学大学院同窓会理事・会計(上越教育大学大学院同窓会)
(2)  平成27年 04月 01日: ~ 平成28年 03月 31日: 上越市社会教育委員(上越市)
(3)  平成27年 08月 10日: ~ 平成27年 08月 10日: 平成27年度教員免許状更新講習選択科目「家庭」講師(上越教育大学)

◎社会への寄与等
理論と実践の往還を意識した研究・教育を志向しており、現場とのつながりを意識し研究・教育等を行っている。当該年度は、上越市「学校研家庭部会」公開授業の授業者からの相談をうけ、授業づくりをともに考える等の活動を行った。