平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

松井 千鶴子 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
講義の中にワークショップや演習を取り入れ、課題意識をもって学べるようにした。 

  【観点2】教育の達成状況
修了生2名は現職として現場に戻り、学卒院生は、常勤講師として教職に就いた。 

研究指導
  【観点2】大学院(修士課程、専門職学位課程、博士課程)
8名の院生それぞれの研究テーマに応じた研究方法について指導した。研究のフィールドについてもアドバイスし、各学校長に依頼した。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
著】(1)  平成27年 12月: 学び続ける教師になるためのガイドブック~成功する学校改善プロジェクト編~(共著),明治図書
論】(1)  平成28年 02月: 総合的な学習の時間への日常的な教師の働きかけに関する事例的研究~総合的な学習の時間を中核にした教育課程を編成・実施している小学校に勤務する教師の意識に着目して~,上越教育大学教職大学院研究紀要,3巻, pp.91-100
発】(1)  平成27年 05月 20日: 総合的な学習の時間における教師の力量形成に関する事例研究ー話し合い省察することによる探究的な学習のイメージの変容ー,日本生活科・総合的学習教育学会福岡大会

学会活動への参加状況
(1)  平成28年 03月 19日: ~ 平成28年 03月 19日: 日本カリキュラム学会・研究集会(京都教育大学)
(2)  平成28年 02月 21日: ~ 平成28年 02月 21日: 2015日本学校教育学会第2回公開研究会
(3)  平成27年 11月 15日: ~ 平成27年 11月 15日: 日本生活科・総合的学習教育学会・シンポジウム
(4)  平成27年 07月 18日: ~ 平成27年 07月 19日: 日本学校教育学会・第30回(目白大学)大会
(5)  平成27年 07月 04日: ~ 平成27年 07月 05日: 日本カリキュラム学会第26回(昭和女子大学)大会
(6)  平成27年 06月 20日: ~ 平成27年 06月 21日: 日本生活科・総合的学習教育学会第24回全国大会福岡大会


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 12月 07日: ~ 平成27年 12月 07日: 教職員の力量形成につながる開示面談(新潟市教育委員会)
(2)  平成27年 12月 05日: ~ 平成27年 12月 05日: 実践研究成果公開フォーラム(日本教職大学院協会)
(3)  平成27年 11月 07日: ~ 平成27年 11月 07日: 青年部・中堅部秋季研修会(公孫会下越地区青年部・中堅部)
(4)  平成27年 10月 02日: ~ 平成27年 10月 02日: 長野県教職員研修(長野県教育委員会)
(5)  平成27年 09月 08日: ~ 平成27年 09月 08日: 教育課題研修会(公孫会中魚支部)
(6)  平成27年 08月 29日: ~ 平成27年 08月 29日: くびきの支部特別研修会(公孫会くびきの支部)
(7)  平成27年 08月 21日: ~ 平成27年 08月 21日: 教育振興会総合・生活部研修会(十日町・中魚沼郡教育振興会)
(8)  平成27年 08月 07日: ~ 平成27年 08月 07日: 新潟県教育委員会研修講座(新潟県教育委員会)
(9)  平成27年 08月 05日: ~ 平成27年 08月 05日: 新潟市小学校教育研究協議会生活部講演会(新潟市小学校教育研究協議会)
(10)  平成27年 08月 01日: ~ 平成27年 08月 01日: 総合サークル研修会(公孫会三南支部)
(11)  平成27年 07月 07日: ~ 平成27年 07月 07日: 学校教育研究会総合教育部研修会(柏崎刈羽郡学校教育研究会)
(12)  平成27年 07月 06日: ~ 平成27年 07月 06日: 校内授業研究会講師(静岡県函南町桑村小学校)
(13)  平成27年 06月 17日: ~ 平成27年 06月 17日: 教育課題研究会(公孫会中魚支部)
(14)  平成27年 06月 15日: ~ 平成27年 06月 15日: 校内授業研究会講師(十日町市立松之山小学校)
(15)  平成27年 05月 11日: ~ 平成27年 05月 11日: 教職員の力量形成を目指す目標設定面談(新潟市教育委員会)

◎社会への寄与等
総合的な学習の時間の指導法にかかわって、講演会、校内授業研究会等で趣旨や具体的な指導方法について実践例を交えて説明した。上越市では、総合的な学習の時間を中核にした教育課程を編成する学校が多いことから、教員のカリキュラム編成力が重視されており、その向上に協力できたと考える。また、総合的な学習の時間の指導や教職経験を有するという点から新潟県から委嘱された委員を務め、委員会の趣旨の実現に努力した。