平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

佐藤 人志 (特任准教授)
<教育活動>
その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等


<研究活動>
研究成果の発表状況
発】(1)  平成27年 08月 04日: ☆小学校下学年部会指導,上越国語教育連絡協議会夏季研修会
(2)  平成27年 06月 12日: ☆小中一貫教育の成果と課題,Result and problem of the consistent education in the small,柏崎市立教育センター研修講座,hitoshis
(3)  平成27年 05月 18日: ☆上越市立稲田小学校NIEに関する授業実践(授業公開)

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 12月 27日: ~ 平成27年 12月 27日: 東京国語教育探究の会 第8回国語教育実践研究大会
(2)  平成27年 10月 06日: ~ 平成27年 10月 06日: 日本教育大学協会北陸地区会
(3)  平成27年 06月 01日: ~ 平成28年 05月 31日: 上越国語教育連絡協議会(上越国語教育連絡協議会)


<社会との連携>
◎社会への寄与等
専門教科の「国語」「生活科」「総合的な学習の時間」に関わる要請が多くあった。学校現場で蓄積したものをベースに、大学教員としての立場を生かしながら、ニーズに応えるように努めた。学力向上から考えると、学校での学びと家庭での学び(家庭学習)が、もっと連携して相乗効果を生み出すように、マネジメントしていく必要があることを伝えてきた。一人の学び手が、これからの社会を生き抜くために必要な資質や能力を、具体的にどんな場でどのように身に付けていくことができるのかについて考えていく必要性について、十分理解を得られたと考える。