平成27年 度年次報告書

自己点検・評価の対象期間: 平成27年 04月 01日 ~ 平成28年 03月 31日

渡辺 径子 (准教授)
<教育活動>
授業
  【観点1】教育方法及び成績評価面での取り組み
学生が主体的に体験的に学ぶための手立てを工夫した。学生の授業評価アンケートにも主体的に学ぶことができて充実していたと評価されていた。 

  【観点2】教育の達成状況
教職実践演習においては、新採用の教員に必要な経験が組み込まれた内容になっており、修了後に実施したアンケートからもその評価は高かった。 

その他の教育活動

特色ある点及び今後の検討課題等

<研究活動>
研究成果の発表状況
論】(1)  平成28年 03月: 総合的な学習の時間における学習主題及び内容構成を支える課題性と研究領域,上越教育大学研究紀要,35巻
業】(1)  平成28年 03月: 教科内容構成 総合的な学習の時間(大学院生用)(共著),上越教育大学カリキュラム企画運営会議
(2)  平成28年 03月: 教科内容構成 総合的な学習の時間(学部用)(共著),上越教育大学カリキュラム企画運営会議
発】(1)  平成27年 10月 10日: インクルーシブな教育の実現に向けた学校ボランティアの取組,教育大学協会研究集会
(2)  平成27年 08月 21日: 生活・総合を語る会,上越市高田西小学校校内研修会
(3)  平成27年 07月 09日: これから求められる理科授業,糸魚川市教育研究会研修会

学会活動への参加状況
(1)  平成27年 11月 06日: ~ 平成27年 11月 06日: 日本教育大学協会北陸地区会信州大会


<社会との連携>
社会的活動状況
(1)  平成27年 08月 21日: ~ 平成27年 08月 21日: 生活・総合を語る会(上越市立高田西小学校)
(2)  平成27年 07月 09日: ~ 平成27年 07月 09日: これから求められる理科授業(糸魚川市教育委員会)

◎社会への寄与等
・「NPO法人越後青苧の会」の一員として,上越市立大和小学校,本学附属幼稚園の卒業証書の作成を行った。青苧材料の調達,処理,子どもたちとの紙漉き等,大学院時代に自らが立ち上げた会が今でも盛んに活動している。その他にも一般の地域住民への青苧を使った,ものづくりの講習会を2015年は5回行った。