上越教育大学大学院 修士課程 教育連携コース
上越教育大学

修論

修士論文作成スケジュール

1年次
4月下旬 「研究計画調書」・「指導教員希望」提出
指導教員(ゼミ)決定
5月上~中 M2第二次構想発表会・参加
6月下旬 (全学)専攻・コース変更願受付
7月中旬 指導教員変更希望受付
10月上~中 M2中間発表会・参加
11月上~中 第一次構想発表会
12月上旬 (全学)専攻・コース変更願受付
2月下旬 M2修士論文発表会・参加
2年次
5月上~中 第二次構想発表会
10月上~中 中間発表会
10月31日 「学位論文題目」提出
1月10日 修士論文提出
1月下旬 口述試験
2月上旬 口述試験(再試験)
2月下旬 修士論文発表会

ゼミが決まるまで

 修論作成の第1歩はゼミ決めです。教育連携コースでは,入学直後から約2週間の研究室訪問期間を設定しています。この期間,新入生にさまざまな教員の研究室を回ってもらい,自分の研究の構想や計画について話してもらいます。ときには,教員からのアドバイスを受けて,研究テーマや計画が変わるもあります。

 この研究室訪問を踏まえて,新入生にゼミの所属希望を提出してもらいます。教員会議において最小限の調整を加えたうえで,所属ゼミを決定し,履修登録期限に合わせて通知します。

 なお,1年次4月時点での所属ゼミ決定後も,院生の希望にもとづいて,ゼミを変更することができます(教員の了承が必要です)。

構想・中間発表会

 ゼミが決まったら,いよいよ本格的に修士論文研究開始。ここからは基本的にゼミごとの指導になります。 ただし,院生が研究を進めるうえでより広い視野から考えられるよう,論文提出までに,コース全体として3回の発表会を設けています。 1年次後期の{「第一次構想発表会」,2年次前期の「第二次構想発表会」,そして2年次後期の「中間発表会」です(3年課程となる免P生のスケジュールは,こちらを参照してください)。 ここでは,コース内の各教員・院生が参加する中で修論の進行状況について発表し,さまざまな視点からアドバイスを受けます。とくに中間発表会は,論文提出前の最後の発表会であり,教員側から見れば,論文提出に対して最終的に“GOサイン”を出せるかどうか確認する機会です。しっかりと準備する必要があります。

 なお,「第二次構想発表」・「中間発表」を済ませているのに,その年度に修論を提出しなかった場合,翌年度(修了予定年度)に「中間発表」を再度行ってもらいます。発表の間隔が空きすぎて,内容が大きく変化してしまっては,研究の進度をチェックできないからです。「第二次構想発表」を行うかどうかは,ケースバイケースです。指導教員に相談してください。

 前期修了予定の場合は,「第二次構想発表会」の際に「中間発表」をしてもらいます。

論文の提出と審査

 修論の提出期限は毎年1月10日です。論文を提出したあとは,論文審査を経て口述試験を実施します。口述試験において不十分な点が指摘された場合,期間をおいて口述試験の再試験を行います。口述試験に合格すれば,最終の「修士論文発表会」(公開)で成果を発表することができます。

免P生(3年課程)の場合

 長期履修(3年課程)の免P生に関しては,教員免許取得のための多忙さを考慮して,次のような2つの発表パターンを設定しています。指導教員と相談のうえ,各自のスケジュールを決定してください。

パターンA

(教育実習で多忙な2年次に,教職科目履修に集中するパターン)

1年次 11月 第一次構想発表会
2年次 11月 (1.5次構想発表会:院生の自主企画)
3年次 5月 第二次構想発表会
10月 中間発表会
1月 修士論文提出

パターンB

(授業の多い1年次に,教職科目履修に集中するパターン)

1年次 (修論関連公式行事を設定していない)
2年次 11月 第一次構想発表会
3年次 5月 第二次構想発表会
10月 中間発表会
1月 修士論文提出

最近の修士論文

 では実際,先輩たちはどんな修士論文を書いてきたのでしょうか。最近5年間の修士論文タイトルは,次のページをご覧ください。

最近5年間の修士論文