上越教育大学大学院 学校教育研究科[修士課程] 学校臨床研究コース 学習臨床研究 Clinical Study of School Education

HOME > 学部学習臨床 > 開設授業科目

学部学習臨床

卒業生からの声

平成24年度卒業生 星野 唯 (新潟県:小学校教諭)

 私が学習臨床コースで学んだことはたくさんありますが、その中でも教育について様々な角度から考えるということが一番の学びだったように思います。小学校現場に足を運び、子どもの学びの要因について教師の手立てや授業中の発言などをもとに、思考過程に迫るということを繰り返し行いました。この貴重な体験が、これからの私の教育観に大きく作用し、私を支えていく心の芯となるのであろうなと思っています。この学習臨床で学んだことを十分に生かし、子どもたちと一緒になって成長できる教師を目指します。

平成24年度卒業生 福本彩乃 (石川県:小学校教諭)

 春から小学校教諭として働き始めた今、学習臨床コースで、子どもの学びの場に寄り添いながら、その在り様を追及できたことは、とても大きな財産になったと実感しています。先生方の熱心な指導の下、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨し学び続けた4年間は、とても有意義な時間になりました。学習臨床コースで学んだことは、教師になるためにはもちろん、教師になってからも大切なことばかりでした。これからは、ここで学んだことを学校現場での実践と結び付け、生かしていきたいと思います。

平成24年度卒業生 池田 七菜  (公益財団法人 新潟県立都市緑化センター 大潟水と森公園 公園スタッフ)

 私は自然環境学習について研究してきました。教科学習の中で学んだことを総合学習の中で活かすこと,総合学習の中で学んだことを教科学習の中で活かすことについての考えを深めることができました。総合学習の中では教える側の思いをそのまま子どもたちに伝えることができるという魅力があると思います。私は学校という教育現場に出ていませんが,自然の中という教育現場から,そこに散りばめられている学びのチャンスを見つけ,伝えていきたいと思っています。