本文へスキップ

Master's Program in Special Needs Education, Graduate School of Education, Joetsu University of Education

概要

上越教育大学大学院修士課程特別支援教育コースの概要を紹介します(本学HP掲載パンフレット

コースの目的

 本コースは、特別なニーズのある幼児・児童・生徒の個別のニーズに応じた適切な指導・支援を行うことのできる専門性の高い教員を養成することを目的としています。

 このことに関して特に重視しているのは、以下の2つを両立させていくことです。
  @ 教育現場において直接活かすことのできる実践的技能
を身につける
  A 専門的知識に関する講義と徹底した論文指導を通して、実践を支える客観的視点
を身につける

カリキュラムの柱

  

  カリキュラムは、目的を果たすため、次の4つの柱で構成されています。
 それぞれに対応した各種授業科目が用意されています。
           

授業科目
@専門的知識の習得 各種専門講義
A教育現場の理解 「特別支援教育観察・参加」「実践場面分析演習」等
B研究法の習得  「特別支援教育研究法」「障害者心理検査法」「特別支援教育実践学研究セミナー」等
C教育実践的臨床 「臨床実習」「教育実習」等

 *シラバスはここから検索できます

学びの特色

本コースには、学部を卒業して進学した院生のみでなく、自治体から派遣された現役の教員(現職教員)が多数在籍しています。現場での教育経験のない学生にとって、現職教員との交流を通して学ぶことも、貴重な財産となっているようです。

教員の多様な専門性

本コースのカリキュラムは、種々の専門性を有する10名の教員によって支えられています。
特別支援教育の対象となる多様な児童生徒に関する実践及び研究課題に取り組む院生の学びを手厚くサポートします。
 ・知的障害  ・肢体不自由 ・病弱    ・視覚障害  ・聴覚障害
 ・言語障害  ・情緒障害  ・重複障害  ・発達障害

取得可能な免許状

  • 特別支援学校専修免許状・特別支援学校一種免許状・特別支援学校二種免許状

    本コースでは、視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱の5領域すべての免許状の所要資格を得ることができます。*取得要件は免許の種類及び領域によって異なります。
    一種免許状と専修免許状を併せて取得することができます。

  • 基礎免許状を専修免許状にする

    特別支援学校の免許状以外の幼・小・中・高の基礎免許状(一種)を入学以前に所有していた場合には、他コース(科目群)の単位を取得することにより、一種免許状を専修免許状にすることができます。

  • 基礎免許状を取得する

    特別支援学校の免許状を取得するための基礎免許状(幼・小・中・高)を所有していない場合は、教育職員免許プログラムを受講することにより、特別支援学校の免許状と併せて基礎免許状を取得することが可能です。

現職教員の皆さんへ「特別支援教育・現職研修パッケージ」

学部学生の皆さんへ