<

教員のプロフィール

稲垣

稲垣 応顕

(いながき まさあき)

INAGAKI Masaaki
教 授  修士(教育学)

専門分野

学校教育相談

研究の内容

 教育カウンセリング心理学の視点から,以下のテーマを中心としています。


  1. 教師が使える個別・集団カウンセリング(教育相談)の理論と手法の開発研究
  2. 学級などの集団における人間関係作りの開発研究
  3. 教師を支えるカウンセリング心理学の理論と手法の開発研究
  4. 生徒指導とカウンセリングの融合についての理論と手法の開発研究 など

所属学会

  • 日本カウンセリング学会
  • 日本教育カウンセリング学会
  • 日本学校教育相談学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本人間性心理学会

担当授業科目

【大学院】
  • 現代社会と学校教育
  • 学校教育相談特論
  • 学校教育相談演習
  • 生徒指導特論
  • 実践場面分析演習「生徒指導総合・学校心理」
  • 生徒指導総合研究セミナー
【学 部】
  • 生徒指導論
  • 初等生徒指導論
  • 中等生徒指導論
  • 学校教育相談
  • 学校教育相談基礎演習
  • 実践セミナー「生徒指導」
  • 生徒指導総合セミナー

論文・著書

  • 2008(共著),「不登校経験者の自己省察に関する研究(2)」,富山大学教育実践研究 2
  • 2007(共著),『学校カウンセリング入門』,東洋館出版社
  • 2006(共著),『教育カウンセリングと臨床心理学の対話』,文化書房博文社
  • 2006(共著),「知的障害児施設に入所する子どもへの動的家族画(KFD)の試み」,富山大学教育実践研究 1
  • 2006(共著),「不登校サポーターの実態と意識に関する研究」,富山大学教育実践研究 1
  • 2005(共著),「非行についての意識の違いについての調査研究」,富山大学教育実践総合センター紀要 6
  • 2005(共著),「ADHD傾向を示す経度知的障害児に関する事例研究」,富山大学教育実践総合センター紀要 6
  • 2004(共著),『みるよむ生涯臨床心理学』,北大路書房
  • 2004(共編著),『わかりやすい生徒指導論[改訂版]』,文化書房博文社
  • 2004(共著),「高校生に対する構成的グループエンカウンターの効果」,富山大学教育実践総合センター紀要 5

…… etc.

指導修士論文

  • 教師と保護者による子どもの行動変容を促す連携に関する研究 ―交流分析を援用した学校教育相談に着目して―
  • 中学校の生徒指導におけるコーディネーション機能の向上に関する研究 ―富山県カウンセリング指導員制度の有効性と課題に着目して―
  • 中学校教師の指導行動とビリーフに関する研究 ―生徒指導上の問題を抱える生徒の事例を通して―
  • いじめ加害対応における学校と学外機関との連携に関する研究
  • 言語コミュニケーションの苦手な児童生徒への具体的配慮に関する一研究
  • 大学生の理想自己と現実自己の不一致が職業観に与える影響について ―教職志望大学生の期待価値に着目して―
  • 高等学校における登校拒否支援としての保護者対応に関する研究 ~全日制高校と定時制・通信制高校の比較を通して~
  • 大学生における「居場所がない」と「実存的空虚感」との関連 ―実存分析による居場所の捉え方に着目して―
  • 特別支援教育と子どものニーズに応える力量についての意識調査 ―教員養成系大学の学生を対象として―
  • 小学校高学年児童の友人関係における対人ストレスコーピングの実態 ―つながり意識との関連を通して―

…… etc.

CONTENTS

Facebookバナー
●二科目群の日常を
発信しています