教員のプロフィール

辻村

辻村 貴洋

(つじむら たかひろ)

TSUJIMURA Takahiro
准教授  博士(教育学)

専門分野

教育行政学

研究の内容

 日本を対象に,教育の地方自治の実現にとって重要な,教育長や指導主事らのリーダーシップに着目して,教育委員会制度の意義と可能性について研究しています。また,教育現場(教育委員会も含めて)を訪問しながら,子どもの権利条例,三者協議会など,地域と学校が連携した取り組みなど,現代の自治体教育政策の調査研究も行っています。個別の学校課題にとどまらず,地域の教育ビジョンを描き出す力量の形成を,どのように図っていくのかを課題としています。

所属学会

  • 日本教育学会
  • 日本教育政策学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育経営学会
  • 日本教育制度学会
  • 日本学校教育学会

担当授業科目

【大学院】
  • 現代社会と学校教育
  • 教育政策特論
  • 現代教育改革特論
  • 実践場面分析演習「生徒指導総合・学校心理」
  • 生徒指導総合研究セミナー
【学 部】
  • 学校経営と学校図書館
  • 教育学研究法
  • 現代社会と学校
  • 実践セミナー「生徒指導」
  • 生徒指導総合セミナー

論文・著書

  • 2015(分担執筆),『教育と法のフロンティア』,晃洋書房
  • 2014(分担執筆),『教育委員会改革5つのポイント -「地方教育行政法」のどこが変わったのか-』,学事出版
  • 2014(分担執筆),『教育行政学 -子ども・若者の未来を拓く-』,八千代出版
  • 2014,「地域の教育課題探求とスクールリーダーシップに関する基礎的研究 ―分析の視角と課題―」,上越教育大学研究紀要,33
  • 2013,「地域の教育研究を担う専門職チームの意義と課題」,上越教育大学研究紀要,32
  • 2009(共著),「現代自治体子育て・教育行政の調査研究(2) ―北海道芽室町の子育て・教育行政と子どもの権利条例―」,公教育システム研究,8
  • 2008(共著),「現代自治体子育て・教育行政の調査研究 ―『子どもが健やかに育つまち』をめざす恵庭市―」,公教育システム研究,7
  • 2007,「教育委員会制度創設期における自治体教育行政機構と地域教育計画」,日本教育行政学会年報,33
  • 2007,「占領下の教育改革期における教育行政専門職論と指導・助言」,日本教育政策学会年報,14
  • 2007(共著),「『子どもの権利に関する条例』の制定・実施過程と内容分析 ―北海道奈井江町の条例の検討を中心に―」,北海道大学大学院教育学研究科紀要,98

…… etc.

指導修士論文

  • 対人支援において共存する専門的視点と素人目線に関する研究 ―児童相談所メンタルフレンド活動に着目して―
  • 「分権型協働都市」を目指したまちづくりにおける基礎単位としての学校区の活用に関する一考察 ―新潟市の「地域と学校パートナーシップ事業」の調査を通じて―
  • 教員・保護者・地域の教育における責任に関する研究
  • 多文化共生社会における「包摂」の限界と「許容」の可能性
  • 教育コミュニティにおける学校の位置づけに関する研究
  • 連携型小中一貫教育における異校種理解に関する研究

…… etc.

CONTENTS

Facebookバナー
●二科目群の日常を
発信しています