News & Topics

2017/2/28
長野県総合教育センターで、「教員研修講座」が6日間開かれます。長野県外の方は問い合わせ先まで,詳しくはチラシをご覧ください。NEW
2017/2/9
2017年2月14日(火)新潟県立教育センターで開催される「拓け未来の新潟 第10回教育フォーラム」の分科会に上越教育大学教職大学院も参加します。分科会内容をご覧ください。当日、お待ちしております。
2017/2/9
平成28年度 第7回 フォローアップ研修会 実践報告書 ができました。どうぞご覧ください。
2017/2/8
本日、2017年2月8日、平成28年度教職デザインコースの第6回卒業研究発表会が行われました。みなさん、充実した研究と立派な発表でした。その後の懇親会の写真を掲載します。
2017/2/8
2017年2月19日(日)に開催いたします「第4回教師の専門職化フォーラム」のポスターセッション一覧をお知らせします。いよいよ来週に迫りました。上越教育大学でお待ちしております。「第4回教師の専門職化フォーラム」の詳細はこちらをクリックしてください。
2017/2/3
2017年2月18日(土) 第8回学校支援プロジェクトセミナーを開催いたします。事前のお申し込みは不要です。多数のご参加をお待ちしております。翌日、2月19日(日)開催の「第4回教師の専門職化フォーラム」も併せてのご参加も大歓迎です。
2016/12/26
2017年1月20日(金) 教員採用試験合格者体験発表会を開催いたします。詳しくはチラシをご覧ください。
2016/12/21
2017年2月19日(日) 「第4回教師の専門職化フォーラム」を上越教育大学で開催いたします。詳しくはチラシをご覧ください。
2016/9/9
本教職大学院の入学試験受験者用のQ&Aリーフレットを掲載しました。特に学部生で教職大学院に興味を持たれている方はご覧ください。教職大学院に入学することで教員採用試験に有利な制度があることや教員採用試験の合格者が教職大学院に進学できる場合があることなどの情報を掲載しております。他にも免許取り増しできるプログラムの情報等々、掲載しております。
2016/8/1
上越教育大学教職大学院「紹介ビデオ」の内容を2016年版へと更新しました。是非ご覧ください。
2016/6/22
各地で上越教育大学大学院説明会を開催していますが、その時の様子を項目立ててご紹介していきます。今回は比較的質問の多い「教育職員免許取得プログラム(免P)」についてです。教職大学院在学中に取得免許を増やしたいと思っている方はぜひお読みください。
2016/5/28
今年は全国6都市(長野,静岡,三重,福島,仙台,東京)で、サテライト講座が開かれます。詳しくはチラシをご覧ください。
2016/5/28
上越教育大学教職大学院公式のFacebookページをスタートさせました。本ホームページと連動させると共に、入試情報を中心に本教職大学院に興味を持たれている方へ価値の高い情報を提供していくつもりです。よろしくお願いいたします。
2016/5/28
第7回フォローアップ研修会の第1次案内チラシです。今年は7月30日(土)上越教育大学講義棟301他で行います。ぜひおいでください。
2016/4/12
長野県総合教育センターで、「教員研修講座」が4日間開かれます。長野県外の方は問い合わせ先まで,詳しくはチラシをご覧ください。
2016/4/12
新潟県立教育センターで、「学び続ける教師のための研修講座」無料!が全10講座開かれます。詳しくはチラシをご覧ください。
2016/4/6
第9期生のみなさん,入学おめでとうございます。第9期生とアドバイザーの集合写真をご覧ください。

過去の記事一覧

上越教育大学教職大学院のコンセプト

コンセプト 即応力 臨床力 協働力

即応力

 上越教育大学の教職大学院では、刻々と変わる教育現場の状況を即時に判断し、適切に対応しながら教育実践を展開していく「即応力」を育成することを目的としています。「即応力」とは、研究過程と一線を画する、まさに教育実践を特徴づけるコンセプトです。一方、私たちは、この「即応力」を真に実現するためには、それを支える「臨床力」と「協働力」を育成することが必要不可欠であると考えました。

臨床力

 最近の教育学研究は、文献による研究や実験室での研究ばかりではなく、現実の教育現場に密着した研究が行われるようになりました。
上越教育大学がこれまでに積み上げてきた臨床的な研究成果、すなわち、臨床的な実態把握や提言を基本的に活用しながら、本学教職大学院では具体的に教育現場の教育課題を解決する「臨床力」を育成します。

協働力

 協働力は現代の教師の最も重要な資質能力の一つです。教職大学院では、修士論文が課されません。したがって、これまで困難であった実質的な共同研究が可能になりました。本学教職大学院では、後述する「学校支援プロジェクト」を中心としたプロフェッショナル志向のカリキュラムを開発し、その中で、学校種や専門、地域や年齢の異なる学生たちが実践を共有しながら徹底的に協働する様々な活動を通して「協働力」を育成します。

PAGETOP