教育臨床コース

養成する教員像

子どもの経験の総体としてのカリキュラムを、教室や学校で自らデザインできる「指導的立場から方向性を示す教員」と「即戦力となる新人教員」を養成します。

募集対象

【注】応募条件は、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有するか又は取得見込み者です。詳細は募集要項で確認してください。

本コースが想定する「教育臨床」とは、教科学習だけでなく、進路指導、教育相談、生徒指導等をも含む広義のものです。これらは、すべて学校を成り立たせている不可欠な要素です。
このような視点から、本コースでは、教科学習と教科外学習の内容領域を包含するカリキュラム構成としています。また、学習指導と生徒指導の内容領域を有機的に連携させた、大学院生が幅広く学び合える環境、並びに、学部教育と連携させた、学部学生と互いに学び合える環境の構築に配慮しています。
本コースでは、学習指導と生徒指導という二つの領域を想定していますが、コースの運営に際しては、その二つを区分することなく、大学院生が自由に履修できるようにしており、幅広いリーダー的資質の育成を目指します。

学習指導領域

学習指導領域で養成する学習指導(国語科教育、社会科教育、算数・数学科教育、理科教育、音楽科教育、美術科教育、保健体育科教育、技術科教育、家庭科教育、外国語科教育等)の職能とは、各教科の学習のみではなく、教科学習全体のカリキュラム構成能力を主な対象としています。従って、一つの教科を主な題材として探究する場合であっても、その他の教科や教科外学習としての生徒指導を視野に入れ、常に教科学習全体の中でカリキュラムを構成する能力の育成を目指します。

生徒指導領域

生徒指導領域で養成する生徒指導(心の教育、学級経営、道徳教育、キャリア教育、生徒指導、教育相談、特別支援教育など)の職能とは、教科外学習としての生徒指導のみではなく、教科学習を含めた学校教育全体のカリキュラム構成能力を主な対象としています。従って、教科外学習を題材として探究する場合であっても、教科学習を視野に入れ、常に学校教育全体の中で生徒指導を推進する能力の育成を目指します。

入試方法

入学者の選抜は、筆記試験及び口述試験により行います。筆記試験では、「教育実践」に関する小論文を課します。ただし、教育委員会からの現職派遣教員と初等中等教育において3年以上の教職経験を有する者は口述試験により選抜します。その口述試験では、学習指導領域及び生徒指導領域に関する知識についても試問します。

標準修業年限

2年(長期履修学生(教育職員免許取得プログラム受講者を含む)は3年)

取得できる学位

取得できる教員免許状

(専修免許状を取得するためには、当該校種の一種免許状を取得していることが必要です。)

教職大学院について

PAGETOP